« Lattice社といえばPALのメーカーだった:PALは既に死語だが | トップページ | NXP、Freescale系とNXP系のARMマイコンの開発環境を統一:Qualcommになったら どうなるのかな? »

2016年11月 9日 (水)

ウィンドウ型ウォッチドッグ・タイマ:現場で使うの難しそう・・・

 Interface 2016年 12 月号の付録「定番ARMマイコンSTM32便利帳」を眺めていて、ウィンドウ型ウォッチドッグ・タイマというのがあるのを知った。組み込み技術ではベテランといいながら、マネージャー業務が長かったので、実は知らないことが多いのだ。恥ずかしい話である。
 でも、これは使いにくそうだ。そもそも、普通のウォッチドッグ・タイマでも、DoS攻撃を受けたりすると、EthernetドライバにCPUパワーを奪われて、一定時間内にアプリケーションに戻れずに、意図せずウォッチドッグ・タイマがかかったりすることがある。一定時間以内に必ずアプリケーションに戻って、そのアプリケーション内でウォッチドッグ・タイマを叩くというのが、意外に難しいのである。それが、さらにウィンドウ型になるというのは・・・。少なくとも私程度の設計力では、使うことはないだろう。リセットだらけの製品を出荷してしまいそうだ。

« Lattice社といえばPALのメーカーだった:PALは既に死語だが | トップページ | NXP、Freescale系とNXP系のARMマイコンの開発環境を統一:Qualcommになったら どうなるのかな? »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64466944

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンドウ型ウォッチドッグ・タイマ:現場で使うの難しそう・・・:

« Lattice社といえばPALのメーカーだった:PALは既に死語だが | トップページ | NXP、Freescale系とNXP系のARMマイコンの開発環境を統一:Qualcommになったら どうなるのかな? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ