« 故障予測の難しさ:デジタル化してもコモディティーにはならない技術 | トップページ | 江夏の21球:TV中継を見ていた私も誤解していた »

2016年11月 1日 (火)

Rowhammer問題:DRAMも化けるんだね・・・

 Rowhammer問題というをRowhammer問題私的まとめ | @knok blogを読んで初めて知った。DRAMが微細化しすぎて、特定のセルを頻度高くアクセスすると、その隣接するセルがビット化けするのだという。
 フラッシュメモリのビット化けは有名である。NANDフラッシュは、書き込みだけでなく、読み込みによっても、そのブロックが化ける可能性がある。
 昔々、コアメモリーは、読み込むと、そのデータが破壊されるので、メモリー読み込みした後は、必ず同じ値を書き込むようにCPUが設計されていた。そういえば、宇宙から降り注ぐα線で、メモリーのビット化けが生じるという話もあった。
 メモリー技術というのは、昔から難しい技術だったのである。やっぱり重要なところにはECCメモリは、今でも必須なのだろう。

« 故障予測の難しさ:デジタル化してもコモディティーにはならない技術 | トップページ | 江夏の21球:TV中継を見ていた私も誤解していた »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64431179

この記事へのトラックバック一覧です: Rowhammer問題:DRAMも化けるんだね・・・:

« 故障予測の難しさ:デジタル化してもコモディティーにはならない技術 | トップページ | 江夏の21球:TV中継を見ていた私も誤解していた »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ