« 技術者のキャリアの最大の課題:管理職にならないと給料は上がらない | トップページ | 電子回路シミュレーションゲームSHENZHEN I/O »

2016年12月 6日 (火)

技術者としての能力と管理職としての能力

 前回の続きである。この記事には、こんな記述もあった。「優秀なエンジニアほど早々と管理職になってしまうが、優秀な管理職になるとは限らない。」
 難しいところだ。私は、古い体質のメーカー勤務だったので、若い頃は、当然管理職を目指すものだと思っていた。そして、管理職になった。
 管理職として、出世はしなかった。優秀な管理職でなかったのだろう。では、技術者のままであったらどうだったのだろう?若い頃は、若い技術者としては優秀だった。でも、そのままベテラン技術者になったときに、ベテラン技術者というカテゴリーでも優秀だったかは、正直言ってわからない。

« 技術者のキャリアの最大の課題:管理職にならないと給料は上がらない | トップページ | 電子回路シミュレーションゲームSHENZHEN I/O »

スキル」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 技術者としての能力と管理職としての能力:

« 技術者のキャリアの最大の課題:管理職にならないと給料は上がらない | トップページ | 電子回路シミュレーションゲームSHENZHEN I/O »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ