« telnetは危険:アイ・オー・データにもあったとは・・・ | トップページ | 日立のレンズレスカメラ:原理はよく理解できないが・・・ »

2017年1月31日 (火)

Amazonのデバイス技術Greengrass:よくわからない

 Amazonといえば、クラウドである。でもクラウド技術だけを追求しているわけ でもないらしい。AWSのGreengrassはLambdaをIoTデバイスに持ち込む…ローカルなデプロイをサポート | TechCrunch Japanによれば、Amazonがデバイス側の技術を提供するという。
 少し引用する。


 GreengrassはAWS IoTとAWS Lambda(Amazonの“サーバーレス”コンピュート サービス)をベースに構築されている。デベロッパーがPythonでLambdaのコードを書くと、それをIoTデバイス上で即、動かせる。Greengrass Coreというものが、これらのLambdaファンクションをローカルに動かすが、AWSのクラウドも使えるし、ITのアドミンがデバイスとその上で走るコードを管理できる。


 なんのことか理解できない。気軽に試せるものでもなさそうだし。でも、Amazonだからねえ。今まで関係のない、文字通り雲の上の存在だったAmazonが、組み込み技術者に関係のある会社になってしまう可能性もある。

« telnetは危険:アイ・オー・データにもあったとは・・・ | トップページ | 日立のレンズレスカメラ:原理はよく理解できないが・・・ »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64834197

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonのデバイス技術Greengrass:よくわからない:

« telnetは危険:アイ・オー・データにもあったとは・・・ | トップページ | 日立のレンズレスカメラ:原理はよく理解できないが・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ