« KDDIがNifty買収を協議中:KDDIならブログ継続できるかな? | トップページ | 正月は本当にTV三昧だった:今年の計画もまだ立てていない »

2017年1月 6日 (金)

電気温水器の故障:東電のスマートメーターのせいで修理確認できない

 我が家では、電気温水器を使っている。深夜電力料金でお湯を沸かすという昔 ながらの機器である。これが、故障してしまった。まあ、20年以上使っているので仕方ないが、風呂にも入れなくなるので困る。最近は、銭湯は軒並み廃業しているので、一番近い銭湯はスーパー銭湯で、車で15分くらいかかる。往復30分っ かけて、スーパー銭湯へ行って、風呂に入るというのは結構つらい。
 さすがに、こういう必需品の修理をしてくれる会社は、素早く出張修理をして くれた。ただ、困るのは、修理確認できないことである。深夜電力を使っているので、深夜にならないと機器に通電しないのである。
 昔の深夜電力というのは、メーターに機械式のタイマーがついていて、そのタ イマーを動かせば、実は深夜電力といっても昼間でも通電できた。厳密に言えば契約違反なのだが、修理の確認のために通電する際には、修理会社は、タイマー を動かして通電して、修理確認をして、タイマーを元に戻すようにしていた。
 ところが、我が家のメーターがスマートメーターに変わってしまったため、こ の方法がとれなかったのである。深夜まで通電させる方法がないのだ。つまり、 修理会社は修理をしても、現場確認できないまま帰らなければならない。これ は、昔かたぎの技術者には耐えられないことではないだろうか?修理に来た技術者の人も、怒っていた。気持ちはよくわかる。
 スマートメーターというのは、電力会社にとってスマートなだけで、全然ス マートではない。せめて、修理や施工の確認のために、一時的に数分は通電する モードをつけるべきだろう。そのくらいのことは「スマート」なメーターなら問題ないはずだ。

« KDDIがNifty買収を協議中:KDDIならブログ継続できるかな? | トップページ | 正月は本当にTV三昧だった:今年の計画もまだ立てていない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64728478

この記事へのトラックバック一覧です: 電気温水器の故障:東電のスマートメーターのせいで修理確認できない:

« KDDIがNifty買収を協議中:KDDIならブログ継続できるかな? | トップページ | 正月は本当にTV三昧だった:今年の計画もまだ立てていない »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ