« 人の知恵で1~6時間先の天気予報精度を上げる | トップページ | トラ技2月号の特集は「全実験室に! 高IQアルデュイーノ基板」:ラズパイを搭載できるArduino基板が付録に »

2017年1月12日 (木)

成功要因を分析する安全解析Resilience Engineering(RE):こんな方法もあるんだ

 メーカーの技術者なので、製品安全については、かなり意識の高い方だと思 う。が、Resilience Engineeringという手法は全く知らなかった。
 Resilience Engineeringの適用 - 日経テクノロジーオンラインに、その概要と新宿駅での歩行の安全解析について適用してみた例が紹介されて いる。
 内容は理解できたと思うのだが、実際に、製品開発に適用できるかというと、 ちょっと途方にくれる。
 この記事でも指摘されているように、人工知能やIoTシステムは、まずハザー ド事象そのものが不明であることが多いので、従来の解析手法が切れ味を失って いるのは確かであろう。でも、逆に、こうした分野に対し、どこまで有効なのか 残念ながら理解できなかった。今までにない全く新しい手法というのは、現場で は使いにくいものだ。

« 人の知恵で1~6時間先の天気予報精度を上げる | トップページ | トラ技2月号の特集は「全実験室に! 高IQアルデュイーノ基板」:ラズパイを搭載できるArduino基板が付録に »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 人の知恵で1~6時間先の天気予報精度を上げる | トップページ | トラ技2月号の特集は「全実験室に! 高IQアルデュイーノ基板」:ラズパイを搭載できるArduino基板が付録に »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ