« セキュリティについては海外の技術を使うしかないと私も思う | トップページ | アナログIoT »

2017年2月28日 (火)

シスコのネットワーク機器が18カ月で起動不能問題になる原因はインテル製SoC

 ニュース解説 - ネットワーク機器の“18カ月で起動不能問題”、原因はインテル製SoCの可能性が濃厚:ITproによると、シスコのネットワーク機器が18カ月で起動不能問題になる問題が起きていて、その原因がインテル製SoCだという。
 SoCというのは、機能的なバグが起こりやすい。というか、たいていのSoCはバグだらけだ。製品出荷後に問題が見つかる場合も多く、ソフトウエアで回避するというのが通常だ。
 構造も複雑なので、製造上の問題も起きる。とはいえ、製品の寿命でいつも諸悪の根源になっている悪名高き電解コンデンサでも、18ヶ月で寿命ということはない。いくらなんでも、18ヶ月で問題が出るというのは、あまりにも情けない。

« セキュリティについては海外の技術を使うしかないと私も思う | トップページ | アナログIoT »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64953477

この記事へのトラックバック一覧です: シスコのネットワーク機器が18カ月で起動不能問題になる原因はインテル製SoC:

« セキュリティについては海外の技術を使うしかないと私も思う | トップページ | アナログIoT »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ