« I2Cの後継のI3C | トップページ | Niftyの売却先がノジマに決まった:家電量販店が本当に事業継続できるのだろ うか? »

2017年2月10日 (金)

IoTセキュリティ:製品安全としての規制が必要だと思う

 IoTのセキュリティ規制、国が果たすべき役割は(中) - IoTのセキュリティ規制、国が果たすべき役割は:Computerworldは、電機業界にいる技術者として考えさせられる話である。IoT機器のセキュリティリスクが高まる中、政府の規制が必要なのでは、という話だ。
 本来なら、そんなことは企業がやることで、政府の規制など必要ない、と言いたいところだ。でも、実際にはそうなっていない。やっかいなのは、IoT時代において、機器がつながることによって、そのネットワークの中で1つでも脆弱性があると、そこからネットワークに接続された機器全体が汚染されてしまうというリスクだ。
 製品単体のリスクであれば、感電や火災などの人命に関すること以外は、法律の縛りはなく、その製品を販売する企業の責任としておけばいい。すぐに壊れるような製品を作っている企業は、市場で淘汰されるという考えである。
 IoT時代には、そのリスクが複数の企業の製品で成り立つシステム全体の問題になる。こういう、複数企業にまたがる話は、今の企業の仕組みでは、安全が担保できない。企業倫理は、他社機器を含むシステム全体にまでは機能しないからである。結局は、規制で安全を担保するしかしかたないのだろう。
 今の資本主義における企業の体制とIoTとは、合っていない部分が多い。本当にIoTを推進していくなら、企業の公共性を高めないと破たんするのではないか、と恐れている。

« I2Cの後継のI3C | トップページ | Niftyの売却先がノジマに決まった:家電量販店が本当に事業継続できるのだろ うか? »

技術」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64876763

この記事へのトラックバック一覧です: IoTセキュリティ:製品安全としての規制が必要だと思う:

« I2Cの後継のI3C | トップページ | Niftyの売却先がノジマに決まった:家電量販店が本当に事業継続できるのだろ うか? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ