« 叱られるようなことをするから、叱るのではなく、叱るから、叱られるようなこ とをする:なるほど | トップページ | UNIX考古学:本当に考古学と言うにふさわしい力作 »

2017年2月 4日 (土)

文系エンジニア:学歴としての文系は問題ではないが、知識体系としての文系エ ンジニアは問題だ

 人月神話の弊害?:文系エンジニアはなぜ誕生したのか~日本の現実 (1/3) - @ITという記事を読んだ。結論は、コンピュテーショナルシンキングが重要ということらしい。コンピュテーショナルシンキングっていったいなんなのだろう?
 技術者にとって必要なのは、技術分野に関する知識体系と、その知識体系を実装するスキル、そして、それらを実務として遂行する業務遂行能力である。
 文系エンジニアというのは、大学で文系専攻でありながら、技術者である人のことのようだ。確かに、化学系や材料系で、文系専攻出身者はほとんどいないだろう。
 ところが、IT関連技術者の場合、文系専攻出身者が多いらしい。らしいというのは、私の周辺にはいないからだ。化学系だったとかの異分野の理系出身者はいても文系出身者はいない。
 私は、大学の専攻は、なんでもいいと思う。知識体系さえきっちりと理解できていれば、のことだが。開発の世界で必要な知識体系は、大学の専門と必ずしも一致しない。たとえば、組み込み技術は、情報工学、電子工学、通信工学あたりの知識体系を必要とする。コンピュテーショナルシンキングだけでは開発できない。オームの法則を理解していない組み込み技術者の開発した機器など、安全上の問題すら発生するだろう。

« 叱られるようなことをするから、叱るのではなく、叱るから、叱られるようなこ とをする:なるほど | トップページ | UNIX考古学:本当に考古学と言うにふさわしい力作 »

スキル」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64848490

この記事へのトラックバック一覧です: 文系エンジニア:学歴としての文系は問題ではないが、知識体系としての文系エ ンジニアは問題だ:

« 叱られるようなことをするから、叱るのではなく、叱るから、叱られるようなこ とをする:なるほど | トップページ | UNIX考古学:本当に考古学と言うにふさわしい力作 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ