« Interface4月号の特集は「新タイプC&給電」:USBの給電に関して詳細にわかる | トップページ | シスコのネットワーク機器が18カ月で起動不能問題になる原因はインテル製SoC »

2017年2月27日 (月)

セキュリティについては海外の技術を使うしかないと私も思う

 編集長の眼 - イスラエル出張で日本のセキュリティ産業を憂う、しかし憂いてばかりはいられない:ITproに、「海外製品の輸入に慎重になるべき」といった意見にはくみしない。日本のサイバーセキュリティを強化するうえで、国産技術にこだわるよりも、最先端の防御技術を導入することのほうが重要だと思う、という意見が書いてあった。私も同意する。
 この記事では、イスラエルの取り組みの真剣さと日本との比較も書かれている。置かれている国の立場から考えて、日本がイスラエルほど真剣になれないのは、当たり前であり、むしろ幸せである。正直言って、日本から、セキュリティに関する先端技術製品が出てくるとは思えない。
 技術に関しては自前である必要はない。でも、防御は、自前でやらなければ、誰も守ってくれない。新しい技術を使いこなす技術については、日本人は得意のはずである。

« Interface4月号の特集は「新タイプC&給電」:USBの給電に関して詳細にわかる | トップページ | シスコのネットワーク機器が18カ月で起動不能問題になる原因はインテル製SoC »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/64949328

この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティについては海外の技術を使うしかないと私も思う:

« Interface4月号の特集は「新タイプC&給電」:USBの給電に関して詳細にわかる | トップページ | シスコのネットワーク機器が18カ月で起動不能問題になる原因はインテル製SoC »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ