« Posix対応のRTOS:NuttX | トップページ | 残業時間の上限が、なぜ過労死ラインよりも多いのか:命をかけるに値する仕事なんて世の中にない »

2017年4月 5日 (水)

スポーツ施設のネットワーク構築費用は1000万ドル

 前に、スーパーボールの施設のネットワーク構築の話を書いた。米国には、当然、野球もある。バスケットもある。そうした競技場でのネットワーク構築が進んでいるようだ。
 “つながる野球場”は金になる? 米球団が「無線LAN」強化に躍起な理由 (2/2) - TechTargetジャパン データ分析によれば、そうした構築費用は、1000万ドルにもなるらしい。スポーツ競技そのものの設備ではない部分にそれだけの費用をかけられるというのは、さすがに米国のプロスポーツの規模の大きさを感じさせてくれる。

« Posix対応のRTOS:NuttX | トップページ | 残業時間の上限が、なぜ過労死ラインよりも多いのか:命をかけるに値する仕事なんて世の中にない »

スポーツ」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/65111939

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ施設のネットワーク構築費用は1000万ドル:

« Posix対応のRTOS:NuttX | トップページ | 残業時間の上限が、なぜ過労死ラインよりも多いのか:命をかけるに値する仕事なんて世の中にない »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ