« 開発プロジェクトに突然襲い掛かる難問:身につまされる | トップページ | シャープの経緯破綻の原因は社長と副社長の仲が悪かったから:こんな理由? »

2017年4月20日 (木)

カタカナ表記はJIS準拠でないのが主流になりつつある:コンピュータではなく コンピューター

 会社で技術文書を書く時の基本はJIS規格であった。このブログは、引用してくる記事に影響されて、表記方法の揺れがあるが、仕事で作る技術文書は一応徹底してきた。コンピュータだし、インタフェースだ。コンピューターとかインターフェースという用語は使わない。だが、「フォルダ」「フォルダー」正しいのはどっち? | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準によれば、時代の趨勢はそうではないらしい。一般的なビジネス文書では「カタカナ語句の音引きは省かない」のが主流らしい。このブログでも、それに倣うと するか・・・。

« 開発プロジェクトに突然襲い掛かる難問:身につまされる | トップページ | シャープの経緯破綻の原因は社長と副社長の仲が悪かったから:こんな理由? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/65175755

この記事へのトラックバック一覧です: カタカナ表記はJIS準拠でないのが主流になりつつある:コンピュータではなく コンピューター:

« 開発プロジェクトに突然襲い掛かる難問:身につまされる | トップページ | シャープの経緯破綻の原因は社長と副社長の仲が悪かったから:こんな理由? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ