« MZ-80Cの超小型パソコン:中身はラズパイだけどBASICが走る | トップページ | Amazonダッシュボタンの推定コストは2000円らしい:価格=コスト+利益というメーカーと異なる論理 »

2017年5月28日 (日)

Watsonの画像認識を用いたマンホールのマップサイト:いいなあ、こういう技術者

IBM THINK Watson - 愛すべき技術の無駄遣い ── Watsonの画像認識を用いたマンホールのマップサイト運営者 - Japanという記事を興味深く読んだ。「愛すべき技術の無駄遣い」。いい響きだ。
 技術というのは、人の幸福のために使うものである。その崇高な目的からすれば、このマンホールのマップサイトに、Watsonの画像認識という最新技術を使うのは、技術の使い方として本当に正しい使い方だ。私には、マンホールの趣味はないが、この記事を読むだけで、何か幸せになった気分がする。
 効率とか、生産性とか、そんなことのためだけに技術が使われるのは、息苦しい。そもそも、技術者のインセンティブの原点は、技術が面白いというところにある。

« MZ-80Cの超小型パソコン:中身はラズパイだけどBASICが走る | トップページ | Amazonダッシュボタンの推定コストは2000円らしい:価格=コスト+利益というメーカーと異なる論理 »

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/65337652

この記事へのトラックバック一覧です: Watsonの画像認識を用いたマンホールのマップサイト:いいなあ、こういう技術者:

« MZ-80Cの超小型パソコン:中身はラズパイだけどBASICが走る | トップページ | Amazonダッシュボタンの推定コストは2000円らしい:価格=コスト+利益というメーカーと異なる論理 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ