« 大阪の暑さをさらに暑くするセミの声 | トップページ | ランサムウエアの卑劣な手口:バックアップから暗号化する、個人情報を流出させると脅す »

2017年7月30日 (日)

Brainfuck言語:こんな言語があるとは

 Dev Basics/Keyword:Brainfuck - @ITという記事で、Brainfuck言語というのがあることを知った。こんな言語を勉強しても、何の役にも立たないだろうけど、コンピュータ言語にひそむパズル的要素を満足させてくれるには、十分である。
 記事の言語仕様だけでは、どうプログラミングできるのかはわからない。Brainfuck - Wikipediaによれば、バイトの配列の各要素はゼロで初期化され、データポインタは左の要素を指すよう初期化されるらしい。この初期化がポイントだ。つまり、0という定数と、指す箇所が確定されたポインタがある、というところからスタートできるわけだ。あとは、パズルである。
 Brainfuck言語のインタプリタをBrainfuck言語で書くとか、ソートのプログラムを書いてみるとか、面白いかもしれない。あまりに可読性が悪いので、さすがに自分で書いてみる気にはなれないが・・・。

« 大阪の暑さをさらに暑くするセミの声 | トップページ | ランサムウエアの卑劣な手口:バックアップから暗号化する、個人情報を流出させると脅す »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/65597725

この記事へのトラックバック一覧です: Brainfuck言語:こんな言語があるとは:

« 大阪の暑さをさらに暑くするセミの声 | トップページ | ランサムウエアの卑劣な手口:バックアップから暗号化する、個人情報を流出させると脅す »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ