« ソラコムをKDDIが買収 | トップページ | 格安スマホの個人情報漏えい問題:いくらなんでも漏えいさせすぎ »

2017年8月 5日 (土)

パーソナルコンピュータ博物史という本で思い出したことなど

 パーソナルコンピュータ博物史という本の感想を別のブログに書いた。本の感想は、そのブログを見てもらうとして、追加でパソコンの思い出を少し書く。
  私は、本の中で紹介されていたパソコンのうち、ベーシックマスターlebel2、PC8001、PC9801E、PC9801BX2と使ってきた。周辺機器は、EPSON製5インチフロッピードライブをPC8001に接続していた。ハードディスクは20Mの時代にPC9801Eに接続した。2400bpsのモデムをRS232Cで接続したのもPC9801Eであった。そういえば、PC9801Eでは、マウスを接続するのに、専用のI/F基板が必要だった。このあたりの話をすると終わらなくなるので、これで打ち切りにしよう。

« ソラコムをKDDIが買収 | トップページ | 格安スマホの個人情報漏えい問題:いくらなんでも漏えいさせすぎ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/65622226

この記事へのトラックバック一覧です: パーソナルコンピュータ博物史という本で思い出したことなど:

« ソラコムをKDDIが買収 | トップページ | 格安スマホの個人情報漏えい問題:いくらなんでも漏えいさせすぎ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ