« パーソナルコンピュータ博物史という本で思い出したことなど | トップページ | Tesla車を遠隔ハッキング:どんな機器でも優秀な技術者にかかるとハキングされることを実感 »

2017年8月 6日 (日)

格安スマホの個人情報漏えい問題:いくらなんでも漏えいさせすぎ

 米Amazonが米BLU製格安スマホを販売停止、ユーザー情報を中国へ送信 - 日経テクノロジーオンラインによれば、中国製の格安スマホが中国のサーバーへ無断で個人情報を送っていたという問題で、Amazonが販売停止にしたという。この送っていたという個人情報がすごい。少し引用する。


 BLU製スマホが採用する中国Shanghai Adups Technology(以下Adups)製のファームウエアには、ユーザーが入力したテキストメッセージの全文やアドレス帳の内容、電話履歴、電話番号、IMSI(International Mobile Subscriber Identity)やIMEI(International Mobile Equipment Identity)といった個体識別情報を中国のサーバーに無断で送信するという問題があった。


 いくらなんでも、ひどすぎる。ウィルスが仕込まれた状態で出荷されているようなものだ。スマホのような個人情報のかたまりの製品は、価格よりも信頼性の方が重要ということだろう。

« パーソナルコンピュータ博物史という本で思い出したことなど | トップページ | Tesla車を遠隔ハッキング:どんな機器でも優秀な技術者にかかるとハキングされることを実感 »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/65626650

この記事へのトラックバック一覧です: 格安スマホの個人情報漏えい問題:いくらなんでも漏えいさせすぎ:

« パーソナルコンピュータ博物史という本で思い出したことなど | トップページ | Tesla車を遠隔ハッキング:どんな機器でも優秀な技術者にかかるとハキングされることを実感 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ