« PC内にファイルを作らないより高度なサイバー攻撃 | トップページ | 技術倫理で語られる利益と倫理の相反のウソ »

2017年9月14日 (木)

Wi-Fiが快適に使える住宅設計認証Wi-Fi CERTIFIED Home Design:でも本当の解決は有線LANだと思う

  個人の家でネットワーク接続している人の多くはWi-Fiを使っている。そして、そのWi-Fiが、どの部屋でも使えるかというとそんなことはない。
 Wi-Fi Alliance®がWi-Fi CERTIFIED™ のホーム デザイン(住宅設計)を提供 | Wi-Fi Allianceによると、Wi-Fiアライアンスは、機器認証だけでなく、住宅環境でのWi-Fi設置設計の認証を開始するのだという。確かに、どこにアクセスポイントを設置するかというのは難しい。実際には、住宅環境でのWi-Fi設置の問題は、全てWi-Fiで接続することによる困難さがほとんどである。各部屋に有線LANの環境があれば、ほぼ解決する問題である。全ての部屋にCAT6のケーブルを予め設置することが一番手軽である。部屋の中であれば、Wi-Fiは余裕で接続できるからだ。部屋を超えようとするとたん、おろんな問題が出てくる。
 私は、中古マンションを購入した時に、転居前にTVケーブルと電源ケーブルの増設工事をしてもらった。その時に、LANケーブルの配線を依頼しなかったことを後悔している。

« PC内にファイルを作らないより高度なサイバー攻撃 | トップページ | 技術倫理で語られる利益と倫理の相反のウソ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« PC内にファイルを作らないより高度なサイバー攻撃 | トップページ | 技術倫理で語られる利益と倫理の相反のウソ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ