« Club Microsoftの終了:何でわざわざ終了したんだろう? | トップページ | ビデオカードを増設したらPCゲームXCOM2が動くようになった »

2017年10月13日 (金)

トラ技11月号の特集は「Wi-Fiアルデュイーノで AI&IoT」:Wi-FiモジュールESP-WROOM-32を活用できる基板が付属

 トランジスタ技術 2017年 11 月号の特集は「Wi-Fiアルデュイーノで AI&IoT」。今月号のウリは、なんといっても、Wi-FiモジュールESP-WROOM-32を活用できる基板が付属していることであろう。PCと接続するUSBシリアル変換、Arduino互換コネクタを搭載する。つまり、Arduinoの開発環境で、Arduinoの各種モジュールを使えるのである。MicroSDカードソケットも搭載できる。記事の内容は、基板の実装方法、Arduinoとしての使い方だけでなく、ESP-WROOM-32純正の開発ツールの使い方や、MicroPythonの使い方まで、至れりつくせりである。問題は、この基板を作るため部品セットが品切れということである。本誌発売日の翌日に、注文しようと思ったのだが、既に品切れであった。早急に改善して欲しい。
 他にも、ラズパイZero、Googleクラウドを使った音声認識やAmazonクラウドを使った音声合成など、この1冊で、数か月は楽しめそうな内容である。

« Club Microsoftの終了:何でわざわざ終了したんだろう? | トップページ | ビデオカードを増設したらPCゲームXCOM2が動くようになった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Club Microsoftの終了:何でわざわざ終了したんだろう? | トップページ | ビデオカードを増設したらPCゲームXCOM2が動くようになった »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ