« FPGAプログラミング大全:複雑なVIVADOで一通りの機能を試すための教科書 | トップページ | ユニバーサルデザインに関する知財:シャンプーのきざみは知財申請していないらしい »

2017年10月 5日 (木)

FPGAプログラミング大全:久しぶりにFPGAツールを使って、無料でできる内容にびっくり

 前回感想を書いたFPGAプログラミング大全 Xilinx編で、実際にARMコア内蔵のFPGAボードDIGILENT zyboを用いて勉強した。本書では、AXIバスのシミュレーションに、著者の知人が作成したモデルを紹介している。ところが前の感想でも書いたように、Xilinx社よりAXI Verification IPというのが新たに無償提供された。FPGAの開発環境は、次々と無償提供される流れが止まらないようだ。10年ぶりくらいにFPGAを実際に触ってみたのだが、これだけ高機能なものが、無償提供されるなんて、素晴らしい時代である。FPGAボードも個人で入手できるレベルの値段である。30年前は、論路回路で設計していた。この頃なら、ソフト技術者にとってとっつきにくかったかもしれないが、今やC言語からの高位合成が無償ツールで試せる時代だ。組み込みソフト技術者であれば、FPGAの勉強をして、技術の幅を広げることが可能だろう。

« FPGAプログラミング大全:複雑なVIVADOで一通りの機能を試すための教科書 | トップページ | ユニバーサルデザインに関する知財:シャンプーのきざみは知財申請していないらしい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« FPGAプログラミング大全:複雑なVIVADOで一通りの機能を試すための教科書 | トップページ | ユニバーサルデザインに関する知財:シャンプーのきざみは知財申請していないらしい »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ