« 無線LANのアクセスポイントの置き場所を工夫したが結局Windows10にして解決した | トップページ | CPUにも脆弱性:確かに脆弱性だろうけど悪用するのは難しそう »

2018年1月 7日 (日)

PCゲームの主流がネット配信になって日本語対応が増えた気がする

 私の趣味は、年甲斐もなくPCゲームである。初期のことからなので年季が入っている。昔、PCゲームは、日本と欧米とで別のものだった。欧米のPCゲームで面白いものがあっても、かなりメジャーなゲームでないと日本語対応しなかった。ストラテジー系のゲームなら日本語対応していなくても、英語で十分遊べるので、英語のまま遊んでいた。
 ところが、昔のようにパッケージ販売でなく、ネット配信になってから、日本語対応が増えたような気がする。パッケージ販売だと、ゲームの日本語化以外にいろんな手間がかかったが、ネット販売では、その手間がないからだろう。
 そうはいっても、アドベンチャーゲームのように、日本語化が大変なゲームはやはり日本語対応しないものが多い。自動翻訳が進んで、このあたりも解決してくれるとうれしいのだが。

« 無線LANのアクセスポイントの置き場所を工夫したが結局Windows10にして解決した | トップページ | CPUにも脆弱性:確かに脆弱性だろうけど悪用するのは難しそう »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 無線LANのアクセスポイントの置き場所を工夫したが結局Windows10にして解決した | トップページ | CPUにも脆弱性:確かに脆弱性だろうけど悪用するのは難しそう »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ