« スター・ウォーズを観に行こうと思っているのだが、単なる3D上映がない | トップページ | 今日は大雪を警戒して早帰り »

2018年1月21日 (日)

機械翻訳されやすい日本語を話す:なるほど

 私は英語が苦手だ。他のスキルに比べて、あまりにも勉強と成果のパフォーマンスが悪すぎる。このあたりの愚痴ついては、以前も書いたことがある。
 ただ、自動翻訳の進歩によって、このあたりのところは解消されるかもしれない。翻訳AIの進化でこれ以上の英語学習は不要? (5ページ目):日経ビジネスオンラインは、私のような語学音痴には、うれしい話だ。英語学習に無駄に使った時間とお金は返ってこないが。
 この記事で面白いのは、自動翻訳が使える技術になっても、やはり限界があり、話す方の工夫も必要という指摘である。少し引用する。
機械が正しく訳してくれるような日本語を話す、書くという訓練を積むのも、これからの語学学習では重要になる可能性もあります。日本語を話す時も、主語をしっかり明確にするとか。そうすれば、論理的に物事を考える訓練にもなりますし、機械だけではなく、自分で英語を話すときも、英語に訳しやすくなります。当然、機械も英語に訳しやすいだけではなく、中国語や韓国語も正確に訳してくれます。
 なるほど、と思った。世の中の自動翻訳は、英語のような構造を中心に進歩している。日本語のようなマイナーな言語は、ある程度、英語のようなメジャーな言語に正確に翻訳できる言葉を話すことが、今後のグローバル化に必要なスキルになるのかもしれない。

« スター・ウォーズを観に行こうと思っているのだが、単なる3D上映がない | トップページ | 今日は大雪を警戒して早帰り »

スキル」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機械翻訳されやすい日本語を話す:なるほど:

« スター・ウォーズを観に行こうと思っているのだが、単なる3D上映がない | トップページ | 今日は大雪を警戒して早帰り »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ