« 日経ビジネス2/19号の特集「社員(アナタ)の賞味期限」:結局、使い捨てということ? | トップページ | Lineの対抗という刺激的な題名の記事だが »

2018年2月26日 (月)

Interface4月号の特集は「研究 AIスピーカの仕組み」:トラ技3月号と合わせて読めばAIスピーカの知識が深まる

 Interface 2018年 04 月号の特集は、「研究 AIスピーカの仕組み」。半月前に発売されたトラ技でも取り上げられた題材で、同じようにラズパイでAIスピーカーを作るという記事が中心である。ただ、雑誌のスタンスの違いが出ていて、トラ技は付録の基板の製作記事が中心で、本誌の方はクラウドとの接続が中心である。音声処理については、本誌の方が詳しい。
 本誌が発売された時点では、まだトラ技も販売されているはずなので、どちらも読めば、AIスピーカーにかなり詳しくなるだろう。
 第3特集のGoogleクラウドの記事は、Amazonに比べて情報が少なく、組み込み技術者にはわからなかった概要を知ることができた。

« 日経ビジネス2/19号の特集「社員(アナタ)の賞味期限」:結局、使い捨てということ? | トップページ | Lineの対抗という刺激的な題名の記事だが »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日経ビジネス2/19号の特集「社員(アナタ)の賞味期限」:結局、使い捨てということ? | トップページ | Lineの対抗という刺激的な題名の記事だが »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ