« ATOK Passport:10台まで利用可というのを知らなかった | トップページ | トランジスタ技術3月号の特集は「マンガ超入門! AI電脳製作[基板付き]」:AIスピーカーを作るというのは面白い »

2018年2月12日 (月)

新しい電池が既存の電池を置き換えるということはない:言われてみればそうだ

 新しい技術が既存の技術を置き換えることが、いつも起きるわけではない。全固体電池の菅野教授が語る、EVはこう進化する (2ページ目):日経ビジネスオンラインによると、既存の電池を新たな電池が置き換えたという事例はないらしい。確かにそうだ。リチュームイオン電池がこれほど普及しても、アルカリ電池が売っていて、懐中電灯やリモコンではそれを使っている。2次電池にしたって、シェーバーの電池がリチュームイオンになったという話は聞かない。

« ATOK Passport:10台まで利用可というのを知らなかった | トップページ | トランジスタ技術3月号の特集は「マンガ超入門! AI電脳製作[基板付き]」:AIスピーカーを作るというのは面白い »

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ATOK Passport:10台まで利用可というのを知らなかった | トップページ | トランジスタ技術3月号の特集は「マンガ超入門! AI電脳製作[基板付き]」:AIスピーカーを作るというのは面白い »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ