« Interface5月号の特集は「もくもく自習 人工知能」:ポストに投函された新聞とチラシを自動判定するシステムが秀逸 | トップページ | ウーバー社が自動走行実験で死亡事故:事前の技術検証不足じゃないのとおもってしまう理由 »

2018年3月25日 (日)

Interface誌のフレッシャーズ特集号を振り返ってみる

 前回、組み込み系技術雑誌と思っていたInterface誌のフレッシャーズ特集が「人工知能」だった、ということを書いた。ちょっと興味がわいたので、フレッシャーズ特集号の特集記事名をふりかえってみたい。
2017年AI/VR基礎固め![CD付き]新・画像処理101 :今年ではなく昨年からAIが特集だったとは気づかなかった、ただ、どちらかといえば画像処理が中心である。
2016年トルク自由自在!最新モータ制御 :なかなか渋い特集だ。ロボットなどでは、重要な技術だしね。
2015年オープンソース・マイコン開発環境入門 :特集記事は「ぴったり!ラズベリー・パイ×モバイル時代プロジェクタ」なのだが、この特集はフレッシャーズ特集ではなく別途開発環境の記事がある。
2014年フレッシャーズ特集なし
 なるほどねえ。毎年、同じ号でフレッシャーズ特集をやっていたと思ったのだが、そうではなかったようだ。2015年の特集が、私が描く組み込み系新人技術者に必須の知識なのだが・・・。

« Interface5月号の特集は「もくもく自習 人工知能」:ポストに投函された新聞とチラシを自動判定するシステムが秀逸 | トップページ | ウーバー社が自動走行実験で死亡事故:事前の技術検証不足じゃないのとおもってしまう理由 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Interface誌のフレッシャーズ特集号を振り返ってみる:

« Interface5月号の特集は「もくもく自習 人工知能」:ポストに投函された新聞とチラシを自動判定するシステムが秀逸 | トップページ | ウーバー社が自動走行実験で死亡事故:事前の技術検証不足じゃないのとおもってしまう理由 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ