« STBの交換時も外付けHDDの録画番組引き継ぎ:これ欲しい | トップページ | Interface誌のフレッシャーズ特集号を振り返ってみる »

2018年3月24日 (土)

Interface5月号の特集は「もくもく自習 人工知能」:ポストに投函された新聞とチラシを自動判定するシステムが秀逸

 Interface 2018年 05 月号の特集は、恒例のフレッシャーズ特集が「人工知能」。今や、クロス開発ツールを使ったり、デバッガを使ったりするよりは、人工知能を習得するのが、新人技術者に求められる基本だということなのだろうか(古い技術者としては、ちょっと疑問)。
 特集の前半は、本当に基本的なことの解説と、Pythonで実際に試してみるという内容。本誌らしいのは、後半の応用の記事。ポストに投函されたモノを、画像処理+人工知能で判定し、新聞とチラシを区別し、新聞は右に、チラシは左に選別する可動部まで設置してしまった自動判定システムの記事である。こんなものが欲しいかどうかは別にして、確かに人工知能向けのシステムである。まじめに取り組んでいるところが、さすがに本誌である。
 特別企画「あなたの知らない生体計測の世界」は、生体計測という技術の奥深さを感じさせてくれる。普通にスマホで手を撮影した後で、画像処理をすると手のひらの毛細血管が見えたりする。ちょっと数式が多すぎて、難しい記事だが、こんなこともできるのか、という部分だけでもツマミ読みするだけでも、知識が増える。

« STBの交換時も外付けHDDの録画番組引き継ぎ:これ欲しい | トップページ | Interface誌のフレッシャーズ特集号を振り返ってみる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« STBの交換時も外付けHDDの録画番組引き継ぎ:これ欲しい | トップページ | Interface誌のフレッシャーズ特集号を振り返ってみる »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ