« 個人情報を扱う製品の方がサイバーセキュリティ対策は容易? | トップページ | トラ技5月号の記事『間一髪!測定器の命綱「グランド」』:私も経験あります »

2018年4月11日 (水)

トラ技5月号の特集は「micro:bit&新PIC入門」:PICの記事はPICファン必読

 一言で言うと、トランジスタ技術 2018年 05 月号は、組み込み技術者にとって、充実した内容であった。
 micro:bitは、英国の放送局BBCが教育用に開発し、100万台を無償で配布したことで有名になったボードである。日本でも、2000円程度で入手できる。このボードの上で、MicroPythonを動かすというのが、特集記事のmicro:bitの部分だ。MicroPythonについては、別冊付録1でも、ESP-WROOMで動かす方法、PC用のPythonとの違い、ライブラリなどを紹介している。
 PICの新しいシリーズであるPIC16F1ファミリの紹介記事は、後閑氏が執筆していて、さすがの充実した内容である。チップの概要、開発環境MPLAB、膨大なマニュアルを読まないと作れない初期化関数や割り込み処理や周辺モジュール関数をGUIの設定だけで自動生成してくれるという魔法のようなツールMCCの使い方、多機能なCIPモジュールの解説など、実際に使う時に知りたい内容を網羅して解説してくれている。
 このPICを使ったPICoTというマイコンボードについても解説がある。このボードは別売りされるようだ。定番のArduinoシールド接続、Wi-Fiモジュール接続だけでなく、RCターボ接続とかセンサモジュール接続とか、組み込みらしい構成である。
 別冊付録2には、はんだ付けの解説が掲載されていて、参考になる。

« 個人情報を扱う製品の方がサイバーセキュリティ対策は容易? | トップページ | トラ技5月号の記事『間一髪!測定器の命綱「グランド」』:私も経験あります »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 個人情報を扱う製品の方がサイバーセキュリティ対策は容易? | トップページ | トラ技5月号の記事『間一髪!測定器の命綱「グランド」』:私も経験あります »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ