« いくら先進的な技術でも賛成できない研究:脳組織から記憶を回収してコンピューター内に意識を再現 | トップページ | 1台のPCで複数アカウントで使っている場合を想定していないソフトが多すぎ:今後はもっと増えるだろうけど »

2018年4月21日 (土)

VMware上にWindows98をインストールしたが、サウンドドライバがインストールできない-結局Windows-MEにアップグレード

 昔買ったPCのゲームのCDROMがある。Windows95あたりの時代に買ったゲームなので、今使っているWindows10では動かない。
 ところが、私は、昔買ったWindows98のCDROMも持っている。今、Windows98をインストールしたPCは持っていないので、このWindows98をVMware上でインストールしても、ライセンス上の問題はない。ということで、昔買ったPCゲームをやりたいがために、VMwareの無料版をダウンロードし、Windows98をインストールした。ところが、音が出ない。Windows98はデフォルトでは、サウンドドライバをインストールしないのである。そういえば、昔のPCは、今の時代のグラフィックスボードのようにサウンドボードを装着して使っていた。ネットで探すと、サウンドドライバが今でもダウンロードできてそれをインストールすればいいらしい。ところが、私の環境ではインストールに失敗するのだ。音なしでゲームをプレイするとうのは、味気ない。
 そこで、思い出したのが、Windows-MEである。一時であるが、Windows98をWindows-MEにアップグレードして使っていたのだ。その時のアップグレードCDROMも持っている。ということで、Windows-MEにアップグレードしてみたら、見事、音がなった。よかった。昔のゲームもWindows-ME上で動いてくれた。
 Windows-XP時代のゲームもある。残念ながらWindows-XPのCDROMは持っていない。Windows98時代は、自分でOSをインストールしていたので、CDROMを持っていた。Windows-XPの頃には、OSがプリインストールされたPCを買っていたので、インストールCDROMがない時代だったのだ。
 なぜか、Windows7プロフェッショナル版のCDROMだけは持っている。これを、VMWware上にインストールすれば、Windows-XPのバーチャルマシンがWindwos7プロフェッショナル版にはあったので、Windows-XPを動かせるはずだ。つまり、Windows10上で、Windows7を動かし、その上でWindows-XPを動かすということが、理論的には可能なはずである。やってみようとは思わないが・・・。

« いくら先進的な技術でも賛成できない研究:脳組織から記憶を回収してコンピューター内に意識を再現 | トップページ | 1台のPCで複数アカウントで使っている場合を想定していないソフトが多すぎ:今後はもっと増えるだろうけど »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いくら先進的な技術でも賛成できない研究:脳組織から記憶を回収してコンピューター内に意識を再現 | トップページ | 1台のPCで複数アカウントで使っている場合を想定していないソフトが多すぎ:今後はもっと増えるだろうけど »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ