« 久しぶりにPCゲームにはまる:Civilization6 | トップページ | Interface8月号の特集は「IoT新技術 なるほどブロックチェーン」:IoTで使うためのブロックチェーン技術 »

2018年6月24日 (日)

ラズパイのPmod拡張ボード:いろんな拡張ボードが相互に使えるようになってきた

 Pmodといえば、Digilent社のFPGAボード用の拡張ボードの方式である。
 Pmod HAT Adapter: マイコン関連 秋月電子通商 電子部品 ネット通販のように、これをラズパイで使えるようにした拡張ボードが発売されている。
 組み込み基板の世界では、Arduino互換コネクタを装備して、Arduino用に用意された拡張基板を使えるというのが、もはやデフォルトになってきている。無線モジュールは、DigiのXBeeを使えるというのが多い。
 そもそも、組み込み基板業界というのは、そんなに数が出るものではない。その一方で、接続したいI/Oの種類が多い。その矛盾を解決するのが、拡張ボードの相互利用である。

« 久しぶりにPCゲームにはまる:Civilization6 | トップページ | Interface8月号の特集は「IoT新技術 なるほどブロックチェーン」:IoTで使うためのブロックチェーン技術 »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 久しぶりにPCゲームにはまる:Civilization6 | トップページ | Interface8月号の特集は「IoT新技術 なるほどブロックチェーン」:IoTで使うためのブロックチェーン技術 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ