« 空飛ぶクルマなんて乗りたくない:危険にもほどがある | トップページ | 東京ラジオデパートに「千石電商」が7月中旬にオープンするらしい »

2018年7月11日 (水)

個人消費者にIoTは意味があるのか

 日経ビジネス7月9日号に掲載されていた「企業研究 象印マホービン」の記事を興味深く読んだ。その中に、
「最新技術でもおいしさや便利さに直結しない分野は研究しない」だから他社が採用したようなスマホ連携や音声操作対応といった機能には目もくれない。
という記載があって、見識だなあ、と思った。
 私は、ネットワーク系の組み込み技術者なので、どちらかというと「スマホ連携や音声操作対応といった機能」を既存の製品に導入する側である。でも、単価の高い製品ならともかく、個人消費者が購入するような安い製品に、こんな機能を入れ込んでも仕方ないなあと思うようなものは少なくない。IoTという技術トレンドに踊って、消費者ニーズを忘れてしまっているようにも思える。

« 空飛ぶクルマなんて乗りたくない:危険にもほどがある | トップページ | 東京ラジオデパートに「千石電商」が7月中旬にオープンするらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人消費者にIoTは意味があるのか:

« 空飛ぶクルマなんて乗りたくない:危険にもほどがある | トップページ | 東京ラジオデパートに「千石電商」が7月中旬にオープンするらしい »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ