« 生粋の大阪弁はもう使えない | トップページ | 個人情報を使わずに、個人を識別できる技術 »

2018年7月22日 (日)

賞味期限と消費期限:ペットボトルの水の賞味期限

 賞味期限と消費期限の違いは区別している。消費期限が過ぎた食品は食べないようにしているが、賞味期限が少し過ぎたくらいでは、捨てたりはしない。
 でもペットボトルの水の話は知らなかった。賞味期限を過ぎたペットボトルの水は飲めるか、飲めないか?(3/3ページ) - 産経ニュースによると、ペットボトルの水は、基本的には腐らないらしい。でも、容器を通して水が蒸発し、表示と実際の容量が許容の誤差を超えた商品を「販売する」と計量法違反になるので、そうならない期限を賞味期限としているのだそうだ。
 へ~。じゃあ、実際には、問題ないのだね。とはいっても、10年も前のペットボトルの水を飲む勇気はない。

« 生粋の大阪弁はもう使えない | トップページ | 個人情報を使わずに、個人を識別できる技術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賞味期限と消費期限:ペットボトルの水の賞味期限:

« 生粋の大阪弁はもう使えない | トップページ | 個人情報を使わずに、個人を識別できる技術 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ