« 自動運転:人の運転とは異なる挙動が人を惑わせるらしい | トップページ | ルネサスがIPコアを外販:もう少し早ければねえ »

2018年9月25日 (火)

Interface11月号の特集は「ラズパイ・ESP32 IT料理実験」:センサとコントロールと実験

 Interface 2018年 11 月号の特集は「ラズパイ・ESP32 IT料理実験」。といっても、題材が料理というだけあって、ラズパイ・ESP32 はどちらかというと脇役で、どんなセンサを使ってどのようにコントロールするか、ということが主題である。題材は、低温調理器、熟成カレー調理器、透明氷メーカ、コーヒー・ミル、果物の成熟度推定。どれも、定番の技術が存在するわけではなく、結局は、実験して、見てみて、味を確かめるということになる。IoTといっても、現実の世界では、「I」の世界よりも「T」の世界が、そして「T」の結果を判断する人間の感性が大切で、それには実験しかないことが、記事からもよくわかる。実験記事のあとは、味覚、におい、おいしそう、ということが、どのように数値化されるかという基本的な解説がある。
 本号は、久しぶりに第2特集があり、IoTセンシング ESP32実験集ということで、ESP32に接続できるセンサを10種類、MicroPythonのサンプルプログラム付き(Arduino用はホームページからダウンロード)で紹介している。
 さらには、美容テクノロジーの研究という記事もあり、研究というだけあって、少し難しい。農コーナという農業関連応用の記事も2本ある。
 生活者に近い領域での応用ということで、興味深い特集であった。

« 自動運転:人の運転とは異なる挙動が人を惑わせるらしい | トップページ | ルネサスがIPコアを外販:もう少し早ければねえ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 自動運転:人の運転とは異なる挙動が人を惑わせるらしい | トップページ | ルネサスがIPコアを外販:もう少し早ければねえ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ