« Interface11月号の特集は「ラズパイ・ESP32 IT料理実験」:センサとコントロールと実験 | トップページ | 色コードのカードゲーム:これは私には無理だ »

2018年9月26日 (水)

ルネサスがIPコアを外販:もう少し早ければねえ

 ルネサス、半導体の設計情報を外販 まず40種以上  :日本経済新聞を読んで、世の中の組み込みがARM経済圏になる前に決心していればなあ、と思った。FPGAでも使えるIPコアを提供するらしい。とはいえ、IPコアの外販は、技術サポートが必要な世界だ。チップ売りがもうかっている時代には、そんなことはできなかっただろう。
 RXのIPコアあたりは、使ってみるだけなら無料で、ということでスタートすれば、ARMに乗り換える前には使っていましたという技術者もたくさんいるので、面白いかもしれない。

« Interface11月号の特集は「ラズパイ・ESP32 IT料理実験」:センサとコントロールと実験 | トップページ | 色コードのカードゲーム:これは私には無理だ »

ニュース」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルネサスがIPコアを外販:もう少し早ければねえ:

« Interface11月号の特集は「ラズパイ・ESP32 IT料理実験」:センサとコントロールと実験 | トップページ | 色コードのカードゲーム:これは私には無理だ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ