« 現場と経営の乖離 | トップページ | FPGAを使ったArduino:Arduino MKR Vidor 4000 »

2018年10月 5日 (金)

アドビのロゴのハンガー:3Dプリンタは発想を豊かにする

 アドビのロゴからハンガーを発想するというのが、そもそもすごい。 アドビの"あのロゴ"がハンガーに? Twitterで話題のネタに企業がうまく便乗する方法 (1/2):MarkeZine(マーケジン)によると、実際に3Dプリンタで作ってみたようだ。
 頭の中で想像するのと、実際に作ってみるのでは、かなり異なる。作ってみなければわからないことも多い。
 今回のハンガーは、3Dプリンタでは作れるが、金型による量産は無理な形のようだ。メビウスの輪の形状を作れる金型など存在しないだろうなあ、確かに。
 でも、大量に作るのでなければ、3DプリンタでもOKなものは多い。金型で製造できないから無理という呪縛からのがれることができる、というのは、発想を豊かにするのではないだろうか。

« 現場と経営の乖離 | トップページ | FPGAを使ったArduino:Arduino MKR Vidor 4000 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/67243088

この記事へのトラックバック一覧です: アドビのロゴのハンガー:3Dプリンタは発想を豊かにする:

« 現場と経営の乖離 | トップページ | FPGAを使ったArduino:Arduino MKR Vidor 4000 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ