« TSMCの工場でコンピュータウイルス:大変だなあ | トップページ | 現場と経営の乖離 »

2018年10月 2日 (火)

DECTでIoT?

 DECTは、デジタルコードレス電話の通信規格だ。典型的な使われ方は、固定電話で使われる親機と子機の通信である。
 コードレス電話の標準から『音声+IoT通信』の標準を狙うDECT (1/2) - EE Times Japanによると、その通信規格をIoTにも使えるための拡張がされているらしい。DECTの最大の利点は、1.9GHz帯を使うということである。Wi-FiやBluetoothが使っている2.4GHz帯は、本当に混雑している。一方、1.9GHz帯は、そんな心配はない。しかも、固定電話がほとんど使われていない実態を考えると、電波としては、スカスカかもしれない。
 今さら、Wi-FiやBluetoothを超えるとは思えないが、通信品質が重要な応用では使われるかもしれない。

« TSMCの工場でコンピュータウイルス:大変だなあ | トップページ | 現場と経営の乖離 »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/67233013

この記事へのトラックバック一覧です: DECTでIoT?:

« TSMCの工場でコンピュータウイルス:大変だなあ | トップページ | 現場と経営の乖離 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ