« やっとインフルエンザの予防接種ができた | トップページ | EdgeがChromeと同じエンジンに:Edgeを続ける意味があるんだろうか? »

2018年12月10日 (月)

ソフトバンクの通信障害の原因は交換機ソフトの証明書の期限切れ:運用の重要性

 ソフトバンクの通信障害は、かなり大変だったようだ。私は、ソフトバンクのユーザーではなかったので、難を逃れたが、ソフトバンクのユーザーは、Wi-Fiが使えるところに行かないと何もできないという状況に陥っていた。ちょうど、その日の午後、飲み会があったので、大変という話で盛り上がった。
 こんなに長期間、障害が出るなんて、キャリアにしては珍しいと思っていたら、ソフトバンク、通信障害の原因を公表 エリクソン製交換機ソフトの「期限切れ」 - ITmedia NEWSによれば、原因は証明書の期限切れだったという。たぶん、機器のハード障害には、システムの2重化を徹底して、かなり万全の体制をとっているに違いない。ソフトのバグにしても、何かあったら、前の安定版に戻れるような体制が組まれているはずだ。
 でも、証明書の期限切れとは・・・。上記の対策ではどうしようもない話である。盲点だったんだろうなあ、きっと。

« やっとインフルエンザの予防接種ができた | トップページ | EdgeがChromeと同じエンジンに:Edgeを続ける意味があるんだろうか? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« やっとインフルエンザの予防接種ができた | トップページ | EdgeがChromeと同じエンジンに:Edgeを続ける意味があるんだろうか? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ