« 医療事務の機械化 | トップページ | MIDI規格が38年ぶりに改訂 »

2019年1月21日 (月)

有償だったソフトウエアが無償提供される時

 TouchGFXという組み込み用GUIがある。組込み用GUI 「TouchGFX」 | 組込み機器/システム向けミドルウェア MatrixQuest(マトリックスクエスト)シリーズ | ユークエスト株式会社で扱われていて、ライセンス費が必要なソフトウエアだった。
 ところが、この会社をSTマイクロが買収して、STマイクロの開発環境のSTM32Cubeに統合され、無償提供されてしまった。STM32マイコン用の無償開発環境に高機能GUI設計ソフトウェアを追加|ニュース・プレスリリース|STM32, STM8ファミリはSTの32bit/8bit汎用マイクロコントローラ製品
 ユーザーにとっては、大歓迎だろう。有償のソフトだたものを無料で使えるのだから。でも、ソフト関係のライセンス商売をやっている会社は大変な世の中だなあ、と思う。

« 医療事務の機械化 | トップページ | MIDI規格が38年ぶりに改訂 »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有償だったソフトウエアが無償提供される時:

« 医療事務の機械化 | トップページ | MIDI規格が38年ぶりに改訂 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ