« コンサート会場での1万2000人のWi-Fi同時接続:やってみてわかった経験は大きいだろうなあ | トップページ | 温水洗浄便座のピクトグラムが国際規格に:わかりやすくは見えないけどなあ・・・ »

2019年2月13日 (水)

CEマークに代わるUKCAマーク:EUを脱退するとこんなことまで・・・

 英政府、CEマークに代わるUKCAマークのガイダンスを公表は、英国のEU脱退の影響が、こんなことまで、という例であろう。CEマークといえば、製品開発をしてきた開発者にはなじみ深い言葉である。やっかいな認証システムなのだが、ある意味、これだけでOKという話でもあった。今後は、英国へ輸出する製品には、UKCAマークが必要ということになるのだろう。技術的には、CEマークの認証がOKであれば、あとは書類審査になるのだと思うけど、費用がかかるのはもったいない。

« コンサート会場での1万2000人のWi-Fi同時接続:やってみてわかった経験は大きいだろうなあ | トップページ | 温水洗浄便座のピクトグラムが国際規格に:わかりやすくは見えないけどなあ・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« コンサート会場での1万2000人のWi-Fi同時接続:やってみてわかった経験は大きいだろうなあ | トップページ | 温水洗浄便座のピクトグラムが国際規格に:わかりやすくは見えないけどなあ・・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ