カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2018年7月 9日 (月)

周囲の音声を録音する特許:今も黙って録音できるんだろうけど

 ユーザーが丸裸? Facebookが考え出したちょっと危険な新特許 - IT、IT製品の情報なら【キーマンズネット】は、ひどい話だ。フェイスブックの特許で、テレビCMに人間が聞こえない音声でメッセージを仕込み、それをキャッチしたスマホが「周囲の音声を録音する」という特許らしい。放送コンテンツビュー分析が目的らしいが。
 すべてのユーザーの音声を録音するわけにはいかない。こんな情報をすべてクラウドにあげて分析しても、得るものが少ないからだ。どこかの秘密機関のように電話を盗聴するのをはるかに超えるデータ量になるからだ。だから、ポイントは、どんな時の録音データを収集するのか、ということになる。その1つは、電話だ。何かコミュニケーションしたいときなのだから、その個人の情報を取得できるに違いない。
 それ以外は、どうするか、ということで、放送コンテンツビュー分析については、実際にそのコンテンツを見ている時のデータが一番いいに違いない。こう考えると、ネットを閲覧している時に、どんな情報が取得され、筒抜けになっているのかわかったものではない。

2018年7月 4日 (水)

シャットダウン時の変なメッセージの原因が少しだけわかった

 私は、自分専用のPCと、家族との共有のPCのどちらも使っている。家族との共有のPCは、複数のユーザーアカウントを作成して、それぞれが使えるようにしている。
 家族との共有のPCで、ある時から、シャットダウン時に変なメッセージが出るようになった。
 別ユーザーがサインイン?シャットダウンできない:Windows | パソコンのイライラ解消相談室と全く同じ状況である。このサイトに出ているように、オプションをOFFにしたら、このメッセージは出なくなったので、それでよしである。
 だが、このオプションとメッセージとの関係が理解できていなかった。つまり単に対処療法をしただけなのである。
 Windows 10 バージョン1709からのシャットダウン/再起動の新仕様、どうしよう? (1/2):その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(109) - @ITを読んで、そのメカニズムが少しだけわかった。結局、詳しいところまでは、理解できなかったけど・・・。

2018年7月 2日 (月)

ネットワークドライバー

 ASCII.jp:DOS時代から使われてきたネットワークドライバーの改良がついに進む|Windows Infoを読んで、久しぶりにNDIS(Network Driver Interface Specification)という言葉を聞いた。なんと、このDOS時代の産物が、つい最近のWindowsまで生き残っていたらしい。もちろんバージョンアップして、だが。
 私は、DOS時代から、組み込みでネットワークを使ってきた。組み込み機器の動作確認とか、試験環境とかで、PCでネットワークのソフトを作ることもあった。あくまで開発用のちょっとしたソフトだが。NDISは使ったことがない。Packet Driverというソフトを使っていた。こちらの方がAPIが簡単で、かつ低レイヤまで触ることができて、開発ツールとしては重宝していたからだ。

2018年6月13日 (水)

続々と届くプライバシー・ポリシー変更の通知メール:さすがにGDPRの威光はすごい

 あまりネットワービスは使わないタイプなのだが、それでも数十のサービスを使っている。そのサービスでグローバルにサービス展開している会社から、続々とプライバシーポリシー変更の通知メールが来ている。GDPR(EU一般データ保護規則)の影響だろう。
 GDPRは、EUが定める、日本でいえば個人情報保護法のような法律である。その最大の特徴は、罰金額がすごいことである。前年度の全世界売上高の4%もしくは2000万ユーロのどちらか高い方というから、すさまじい。さすがに、各社とも即座に対応するはずである。

2018年6月 6日 (水)

東芝がPC事業を売却:ノートPCの先駆者だったのに

 ダイナブックの東芝、シャープにPC事業売却へ : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  PC事業は、不正会計のきっかけの1つであっただけに、東芝では再建できないのだろう。でも、売却先がシャープとはねえ。経営者が変わって復活したシャープと、まだまだ事業売却を続けなければならない東芝との差が明確である。
 東芝といえば、ダイナブックというノートPCの先駆者のようなPC(今から振り返ると大きく重いが)を作っていたPCの老舗だ。今でも地味ながら高性能のPCを製品化してきていたのだが、間違った経営の犠牲者の1つなんだろう。

2018年5月30日 (水)

個人情報を扱う会社に実際に開示を請求してみたら・・・:日経ビジネス5/28号の記事

 日経ビジネス5/28号の特集記事は、「7社が隠す個人情報」。個人情報保護法では、企業が自分の個人情報をどのように蓄積しているのかについて、その個人が企業に情報開示請求をした場合、開示しなければならないことが定められている。
 本記事では、実際に、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、LINE、楽天、ヤフーの7社に、開示請求した際の、各企業の対応が記事になっている。その実態は、といえば、お粗末である。ほとんどの企業で、開示請求を握りつぶされているのだ。つまり、法律通りに、個人情報が開示されないのである。
 ネット社会において、これら7社のサービスを全く使わないというのは、かなりの不自由である。でも、個人情報保護法という法律に従わない会社が、我々の個人情報を適切に管理しているのだろうか?フェイスブックの例もある。情報流出の可能性は常にある。
 少なくとも現時点では、全く信頼できないことは確かだ。これら大手以外のネットサービスでは、よく、フェイスブックのIDでログインできるようになっている。これは、危険だと思う。下手に、IDを紐づけると、自分の全く知らない(情報請求しても知ることのできない)個人情報が、次々と蓄積されることになる。自営手段としては、それぞれのネットサービスの使い方を限定し、どうしても必要な情報以外は、登録しないことだろう。たとえば、Googleアカウントにログインした状態で、Google検索をしないとか、クッキーは消すとかの自営手段を取るしかない。

2018年5月 9日 (水)

昔からのマイコン技術者にとっては、カセットテープはプログラムの記録媒体だった

 前に、カセッドデッキの話を書いた。この時は、音源としてのカセットテープとデッキについて書いた。でも、私にとって、カセットテープは、プログラムの記録媒体としての思い出の方が大きい。今はなきフロッピーディスクが普及する前は、ソフトウエアの記録媒体は、カセットテープだった。PC-8001というPCがあったが、このPCは、接続するカセットレコーダの相性があって、せっかく記録したのに再生できないことがあった。専用のデータ記録用カセットデッキが発売されたくらいである。
 信長の野望というPCゲームソフトで有名なコーエーの川中島の合戦というゲームソフトは、私の記憶では、PC-8001のカセットテープで発売されていた。私は、そのソフトを買って遊んだ記憶がある。あと、1本くらいカセットテープのソフトを買ったはずだ。何を買ったのかは、まったく記憶していないが。

2018年4月23日 (月)

OneDriveで同期するフォルダ:デフォルトでドキュメント・フォルダが同期されるとは・・・

 私は、3台のPCと1台のiPadを使っている。その全てで、OneNoteのノートを共有している。ちょっとしたメモを、どの端末でも使えるのが便利なのだ。PCのうち、1台のノートPCは、旅行でも持ち出すことがあるので、クラウドで同期させる必要がある。メインがOneNoteの同期だから、相性がいいだろうということでOneDriveを使っている。
 Windows7時代には、OneDriveは、ソフトをインストールして使うものであった。OneDriveを初めて起動するときに、どのフォルダを同期させるかを聞いてくる仕様であった。ところが、デフォルトでOneDriveが使えるWindows10では、ドキュメントフォルダがデフォルトで同期対象になっているのである。それを私は知らなかった。これは、結構面倒な話だ。最近のソフトは、ドキュメントフォルダ上に、いろんなワーキング用のファイルを置く仕様のものも多い。そうすると、そのファイルが自動的にOneDriveへ同期されることになる。OneDriveの容量で無料の範囲を超えると困るのである。ある日に、それに気づいて、デフォルトを解除して、本当に必要なファイルだけを同期するようにした。
 さらに、OneDriveは、それぞれの端末にコピーを持たせる仕様だったので、ノートPCやiPADのように容量の少ない端末では使いにくかった。、ところがバージョンアップによって、通常は自端末にコピーを持たずに、使うときだけクラウドからファイルを持ってくるという仕様になった。これはいいことだ。
 用途によっては、自宅内だけで同期すればいいものもある。そんな用途には、NASを使っている。フリーの素材集などのデータはここに入れてある。

2018年4月22日 (日)

1台のPCで複数アカウントで使っている場合を想定していないソフトが多すぎ:今後はもっと増えるだろうけど

 我が家では、家族共用のデスクトップPCが1台だけある。このPC上で、複数のアカウントを設定し、使っている。この使い方で、ソフトウエアをインストールする際に困るのは、そのソフトウエアが全てのユーザーで使えるようになってしまうことである。一部のソフトウエアは、ソフトをインストールしたアカウントだけにインストールするかどうか選べるのだが。
 Aというユーザーしか使わないソフトが、Bというユーザーにも使えるようにインストールされてしまっても困らないということにはならない。
 たとえば、かな漢字変換である。WindowsのデフォルトはマイクロソフトのIMEだ。Bというユーザーは、それを使っている。Aというユーザー(私だが)はATOKが好きなので、これをインストールすると、Bというユーザーにも使えるようになる。ATOKは、起動時に、ATOKをデフォルトのかな漢字変換として使うかを聞いてくるのである。Bにとっては、いい迷惑である。
 また、ソフトウエアのアップデートも困る。ソフトウエアのアップデートには主に2通りの方法がある。
 1つは、ソフトを起動した時に、更新ソフトがあるので、アップデートするかどうかを聞いてくるソフトである。iTuneはこのパターンである。これは、そのソフトを使っていないBには、何の問題もないのでいい。
 もう1つは、専用のアップデーターがソフトとは別にあって、PC起動時にそれが起動して、アップデートがあれば、通知してくるタイプだ。Just SystemやSource Nextがこの方式をとっている。これは、困る、Bにとっては、自分が使っていないソフトのアップデートをするかどうか聞かれても、どうしようもないのである。わずらわしいだけだ。
 願わくば、Bにはまったく何の関係もなく、Aがソフトをインストールできるソフトが増えてほしい。
 しかし、この願いは、たぶんかなわないだろう。なぜなら、我が家のように、共用のデスクトップPCを使うという使い方は激減しているだろうからだ。そもそもPCを持っていない。持っていてもノートPCである。
 我が家の使い方も、スマホなりノートPCを持っていて、大画面で作業したい時に限りデスクトップPCを使うという使い方が増えている。デスクトップPCの用途は、ブラウザがほとんどだ。ソフトを使うのは、年賀状アプリくらいかもしれない。

2018年4月21日 (土)

VMware上にWindows98をインストールしたが、サウンドドライバがインストールできない-結局Windows-MEにアップグレード

 昔買ったPCのゲームのCDROMがある。Windows95あたりの時代に買ったゲームなので、今使っているWindows10では動かない。
 ところが、私は、昔買ったWindows98のCDROMも持っている。今、Windows98をインストールしたPCは持っていないので、このWindows98をVMware上でインストールしても、ライセンス上の問題はない。ということで、昔買ったPCゲームをやりたいがために、VMwareの無料版をダウンロードし、Windows98をインストールした。ところが、音が出ない。Windows98はデフォルトでは、サウンドドライバをインストールしないのである。そういえば、昔のPCは、今の時代のグラフィックスボードのようにサウンドボードを装着して使っていた。ネットで探すと、サウンドドライバが今でもダウンロードできてそれをインストールすればいいらしい。ところが、私の環境ではインストールに失敗するのだ。音なしでゲームをプレイするとうのは、味気ない。
 そこで、思い出したのが、Windows-MEである。一時であるが、Windows98をWindows-MEにアップグレードして使っていたのだ。その時のアップグレードCDROMも持っている。ということで、Windows-MEにアップグレードしてみたら、見事、音がなった。よかった。昔のゲームもWindows-ME上で動いてくれた。
 Windows-XP時代のゲームもある。残念ながらWindows-XPのCDROMは持っていない。Windows98時代は、自分でOSをインストールしていたので、CDROMを持っていた。Windows-XPの頃には、OSがプリインストールされたPCを買っていたので、インストールCDROMがない時代だったのだ。
 なぜか、Windows7プロフェッショナル版のCDROMだけは持っている。これを、VMWware上にインストールすれば、Windows-XPのバーチャルマシンがWindwos7プロフェッショナル版にはあったので、Windows-XPを動かせるはずだ。つまり、Windows10上で、Windows7を動かし、その上でWindows-XPを動かすということが、理論的には可能なはずである。やってみようとは思わないが・・・。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ