カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2018年2月22日 (木)

ASUSのWi-Fiメッシュ技術

 ASUS AiMeshというリリースがあった。Wi-Fiには、中継器という技術があるが、これは、それよりもはるかに使いやすそうである。写真を見たが、アンテナがいっぱい立っていてすごそうだ。対応ルータのRT-AC68UをAmazonで調べると、12000円くらいなので、Wi-Fiが途切れて困っているところには、購入検討の対象になりそうだ。
 私のマンションも、少し前までWi-Fiが切れていたのだが、問題があった接続PCをWindows10にしたら、接続できるようになったことは前に書いた。なので、今のところ需要はない。

2018年2月17日 (土)

ネットからダウンロードしたインストールファイルは保存する必要がある

 別のブログで、Windows Essentials 2012のサポート終了に伴い、ソフトのダウンロードもできなくなり、そのため、新しいPCにソフトをインストールできなくなったことを書いた。
 サポート切れなので仕方のない対応である。しかし、ソフトによっては、その代替品が入手できな場合もある。Windows Essentials 2012の場合、メーラとかの他のソフトは、代替品を選べる。しかし、ブログエディタは、Windowsでは代替品がないのが現状である。今さら、新たに開発されるような気もしない。こういうニッチなソフトは、なくなったらおしまいである。インストールファイルを保存しておく必要がある。まあ、OSのバージョンアップで使えなくなったら仕方ないが。

2018年2月11日 (日)

ATOK Passport:10台まで利用可というのを知らなかった

 私は、わざわざATOKを使っている。どうもMicrosoft IMEは使いずらいし、クラウド変換するGoogle IMEはあまり使いたくないからだ。それも、ATOKを買うのではなく、ATOK Passportという月払いのサービスを使っている。ATOKは結構バージョンアッップしていて、新しい機能を使いたくなるからである。
 でも、そのATOK Passportは、10台までインストールできるとは知らなかった。Just Systemのソフトウエアは大抵3台までなので、ATOK Passportも同じだと思いこんでいたのだ。これでiPadとかにも導入することができる。

2018年1月27日 (土)

ポータブルHDD付属のUSBケーブルは短すぎ

 PCのバックアップは、週1回のNASへの自動バックアップと、月1回のポータブルHDDの2本立てにしている。ポータブルHDDは、いろいろベリなので都合3台持っているのだが、そのどれもが、付属のUSBケーブルが短すぎるのだ。
 PCの前面または側面のUSBポートに接続するのだが、ケーブルが短いのでHDDが宙ぶらりんになる。だからといって、長いUSBケーブルを購入するのも面倒なので、そのままになってしまっている。もう少し長いケーブルを付けて欲しい。

2018年1月12日 (金)

とうとう月額40円:KDDIのLTE-Mの料金

 IoTでは、通信量も通信回数もすくない場合が多い。そんな用途向けに、低速で、通信量が少ない場合、月額通信料金を下げるサービスが出てきている。そんな中でも、さすがに月額40円は衝撃的だ。ニュース解説 - 月額40円のインパクト、KDDIが国内初のIoT向けLTEサービス:ITproである。IoT用途では、通信料金だけが課題ではなく、通信モジュールのコストも重要だ。こちらの値段は、書かれていないので不明だが、思い切って安く提供してほしいものだ。

2018年1月 6日 (土)

無線LANのアクセスポイントの置き場所を工夫したが結局Windows10にして解決した

 デスクトップPCの置き場所を変えた。このデスクトップPCは、Wi-Fiでネットに接続している。PCからはEthernetしか出ていないので、Wi-Fiからイーサーネットへ変換するコンバータをかませている。このコンバータの性能がいいのか、今までは、あまり問題がなかったのだが、場所を移動してから、数時間に1回くらいの頻度でネットが切断されるようになった。コンバータの電源をON-OFFすれば復旧するので、放置していたのだが、やはり数時間に1回のネット再接続は面倒だ。
 PLCを使うことも考えたのだが、まずは費用のかからない方法として、Wi-Fiのアクセスポイントの設置場所を変えてみることにした。無線機器は、床に設置しないというのは、常識といえば常識だ。ただ、狭い家なので、簡単に置けるところに置いていたのが、やはり問題かもと思ったのだ。
 アクセスポイントを机上に配置したことで2.4GHz帯のWi-Fi電波強度は安定したようであった。ただ、その安定した状態でも、やっぱり電波は切れないのだが、ネット接続はダウンしてしまう。どうも、電波強度だけでは、解決しないのかもしれない。ということで、次は、思い切って5GHzで接続することにした。一応、親機も子機も802.11n対応なので、5GHz帯で接続できる。マンションなので回りは2.4GHzのWi-Fiが飛びまくりなので、電波干渉が何か影響を与えているのかもと思ったのだ。 だが、これでもうまく安定しない。
 ところが、前に書いたが、このデスクトップPCをWindows10にアップグレードしたら、無線LANは安定した。ドライバーの関係だったのかもしれない。

2017年12月16日 (土)

必要最低限のソフトウエアのインストール

 前回、Windows10をクリーンインストールしたという話を書いた。その後で、必要最低限のソフトウエアをインストールしている。単身赴任していた時に、単身赴任先でのメインPCだったのだが、単身赴任解消になってからは、セカンドマシン的な位置づけになっているので、あまりソフトウエアをインストールして、ゴチャゴチャにしなくていいはずである。とはいっても、面倒ではある。

2017年12月15日 (金)

Windows10をクリーンインストールした

 CPU内蔵のグラフィックドライバがWindows10非対応のため、Windows10にアップグレードしたらうまく動かなかったので元に戻した話は、前に書いた。少し前に、グラフィックスボードを追加した。そのボードは、Windows10対応なので、今度こそ、Windows10にアップグレードしようとしたら、今度はアップグレードできなかった話も、前に書いた。
 今回、思い切ってクリーンインストールすることにしたら、うまいった。いろんな使わないソフトウエアでゴチャゴチャになっていたので、すっきりした。

2017年12月 8日 (金)

何でもネットになるわけではない:そりゃ小売店も残るだろうなあ

 Amazonや近所のスーパーのネット宅配を使っている。でも、リアル店舗での買い物もする。そんな姿が、全てネットに置き換わるわけはない、と思っていたら、そういう記事焦点を読む - 小売業は破壊されるのか、デジタル時代の「新常識」を疑え:ITproがあった。
 TVでも、魚屋とか八百屋とかが見直されているという話もよくある。単に安いだけが取り柄のスーパーとか、店員に商品知識のないデパートとかが淘汰されるだけで、特長のある小売は残るに違いない。
 今でも雑誌は、書店で買っている。立ち読みをしないと本当に読みたい雑誌かどうかわからないからだ。専門書だって書店で買っている。
 逆に、必ずネットで買っているのは、エアコンのフィルターなどの保守部品である。実店舗には置いていない場合が多いし、自分の家のエアコンの品番など覚えていないから、家で品番を確認してネットで発注する方が確実だ。しかも、ネットなら一度購入すれば、購入履歴から再発注できる。
 結局は、便利な購入先として、ネットと実店舗が共存するのだろう。

2017年12月 7日 (木)

Google社対Amazon社の決闘

  グーグル、アマゾン外し ユーチューブ遮断  :日本経済新聞は、すごい話である。お互いが、お互いの製品・サービスを遮断しあっている。そうは言っても、Amazonは、いろんな事業をやっているとはいえ、一般の人間からみたら通販業者だから、どんな製品・サービスを扱うのかを決めるのは、Amazonであり、ライバルの製品・サービスを扱わないというのは、よくわかる話である。
 一方、Googleは、いろんな事業をやっているとはいえ、一般の人間からみたら検索エンジンの会社なので、ある程度の中立性があるものと思っていた。でも、実際には、そんなことはなく、やっぱりライバルを排除したいのである。スマートスピーカーをGoogleで検索しても、Amazon Echoを表示しないという排除方法だってとる可能性があるということだろう。検索エンジンが寡占化されてしまっているが、Googleにだけ独占させてはいけないと感じたニュースだった。

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ