カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年11月 3日 (金)

日本の改革は必ず形から入る:働き方改革に感じる違和感

 政府に弱い会社の通例で、私の近辺でも働き方改革という風が吹いている。本当の意味での働き方改革であればいいのだが、こういう風は大抵の場合、形から入る。
 たとえば、オフィスの物理的改革である。フリーアドレス、オープンスペースでの打合せ、という例のやつだ。今まで何度も挫折しているのに、また繰り返される。こういう改革は、オフスの1人あたり面積が広く、オープンスペースで議論している声が邪魔にならないようなオフォスならいいだろう。でも、どうやったらこんなに詰め込めるのだろう、というくらい人をつめこんだオフィスでこんなことをやると悲惨なことになる。改革の主眼点が、労働生産性の向上ではなく、オフィス費用の削減で、営業職は、オフィスにいるのはあまりないので、フリーアドレスにすれば、オフィス費用が削減できるということで、フリーアドレスを採用した前例があるが、どうなったんだろう?まあ、そんな会社は、離職率が高くなるので、どんどん労働者が減って、オフィス費用を削減できるかもしれない。売り上げは、もっと削減になるだろうが。
 だいたい、こういう改革の旗をふるのは管理部門で、彼らは、経営層にアピールできるきれいな写真が必要なのである。経営層にとって、きれいな写真は、宣伝に必要なのだ。そして、机上の空論でできたきれいなオフォスで、従来通りの業務をすると、必ず労働生産性は下がる。
 そもそも、何が課題かという課題分析をしない改革などないはずだが、「まず変わること」とか、わけのわからない声で、かき消されてしまう。そんな改革にカネをかけるより、会社支給のPCのCPUがcore-i3、メモリが4Gバイトという貧弱なハード構成。ちょっと動画を見ようものならカクカクする貧弱なネットワーク環境。貧弱なIT環境を「改革」ではなく「改善」して欲しいと痛切に思っている。ああ、またソフトを起動したら・・・。

2017年11月 2日 (木)

小型翻訳端末:もっと安かったら欲しい

 ASCII.jp:50言語を通訳する小型端末は、SFの世界が実現したかのような端末だ。
 タップして話しかけるだけで、指定の言語に翻訳・発声するらしい。しかも、対応言語は50言語以上。クラウドとの接続が必須なので、翻訳はクラウドでやるようだ。25000円ということで、ちょっと高価だ。海外旅行へ行って困るのは、英語が通用しない場合だ。特に、地元のレストランで食事する際や、買い物の際には、こんな端末があったら便利だと思う。

2017年11月 1日 (水)

太陽光パネルの裏にスズメバチの巣:現場での苦労は現場にしかわからない

 太陽光パネルの裏に、スズメバチの大きな巣! - 日経テクノロジーオンライン。なるほどねえ。こういうこともあるに違いない。モノというのは、本当に、いろいろなトラブルに遭遇する。TVでコショウの袋の開発話をやっていたが、そこではネズミが大きな問題になっていた。こういう自然の脅威というのは、組み込み技術者にはなかなか想像できない。でも、屋外で使われる機器というのは、こういう障害があるものである。以前、屋外に設置したBOXの中で、ゴキブリが大量発生したこともあった。電子機器の熱で暖かいので、いろんな害虫にとっては、いい場所なのだろう。
 もちろん、こうした脅威に、組み込み技術で対応できることは少ない。でも、現場トラブルの原因解析に現場へ行くと、こういうことに遭遇することがある。業務系のIT開発者には考えられないことだろう。

2017年10月27日 (金)

概算することの重要さ

 震災時、30万人が路頭に?見過ごされた防災計画の穴 - 日経テクノロジーオンラインに、震災時に避難する小中学校で収容できる非難人数を行政側が誰も把握していなかった、という話が書いてある。日経エレクトロニクスの元記者であった議員が、自ら試算してみたという話なのだが、こういう重要な数字を誰も把握していなかったということに、あきれてしまう。
 と同時に、実は、数字で語ることの多いはずの我々技術者も同じことをしてることが多々ある。少なくとも私は、何度も経験している。どうしても、感心の中心が自分の専門に偏りがちで、全体を見ていないことが多いのだ。たとえば、IoTシステムである。私の専門領域はネットワークがらみなので、IoT端末からサーバーへ送付するデータから、設計時にスループットや遅延などの概算を計算し、要求仕様に合うかということは、必ず実施する。一方で、そのデータ量がどの程度になり、それを格納するサーバーの方のコストがどの程度になるのか、という概算は忘れがちである。組み込み技術者にとって、通信に要するIoT端末のメモリーやCPUパワーは大きな関心事であっても、クラウドの向こう側は、どうせいクラウドだから何とかなると思っているからだ。
 詳細設計をしないと正確な数字は出てこない。でも、どの程度の桁になるのかというオーダー程度なら、早い段階で概算できるはずである。その概算に基づき、技術で気をつけること、コスト上考慮することなどのあたりをつける、というのは、プロジェクトリーダーの大きな役割の1つだと思う。

2017年10月25日 (水)

AIスピーカー?AIマイクの間違いじゃあないの?

 AmazonとかGoogleとかが出している音声認識端末を、なぜかAIスピーカーと呼んでいる。でも、実は、AI音声インターフェースである。そして、セキュリティ的には、AIマイクと見なすのが正しいと思う。
 AIスピーカーは、常時電源が入っている。そこにマイクがついているのだから、家での会話は全て筒抜けと思っていいだろう。AmazonもGoogleも、AIスピーカーへ話しかけてこない会話は保存しないと明言している。そして、それは順守されていると思う。何もハッキングされていなければ・・・。
 しかし、AIスピーカーをAIマイクと見なすハッカーたちから見れば、これほどハッキングしようとするのに面白い題材はないだろう。しかも、安価に実物を手に入れられるので、ハッキングもしやすい。
 AIスピーカーがトロイの木馬に見えてしまう。

2017年10月24日 (火)

品質問題は1人の責任ではなく会社の体質

 日産、神戸製鋼と一流の会社の、品質に関する問題が連続した。日本の品質に対する信頼を揺るがすような話である。
 と、ここまで書いたが、本当に日本の品質は信頼に足るものなのだろうか?20年前は、そうだったに違いない。だが、何よりも価格が優先される世の中になってから、日本の品質は本当に高いのか?と思える事故が多発している。それも、品質に関する詐称という最もやってはいけない事故である。
 というか、犯罪に近い。現場の気持ちはわからなくもない。日本のメーカーの製品は、過剰品質で高価だと言われ続けていた。そんな中で、品質に必要なマージンを削って製品化するという対応が慢性化した。最後には、嘘の報告をするというところまで堕落してしまった。
 経理不正は、1人の担当者が何億もの不正ができる場合がある。だが、品質に関するこれらのことは、1人では絶対に不可能である。経理不正は、実際には札束が動くわけではなく、銀行口座へ数字が動くだけである。だが、品質問題は、必ずそれに対応するブツ、試験、など多くの「実体」があり、それを1人で不正を実施するのは無理である。したがって、品質問題は、必ず会社の体質の問題になる。これを正常な姿にするのは、本当に難しいだろう。三菱自動車が、品質問題を繰り返すのがいい例である。
 たぶん、一旦、会社をつぶして、外部からの人材を投入し、正しい姿にするしかないのでは、とまで思う。

2017年10月23日 (月)

イーロン・マスクの車のトンネル計画:空を飛ぶのは危険だろうという言葉に納得

 NHKで、イーロン・マスクのTEDでの講演を放送していた。イーロン・マスク、TEDでトンネル計画を語る――SpaceX、自動運転等の事業も | TechCrunch Japanでも講演の内容が紹介されている。
 車の渋滞対策として、地下にトンネルを掘り、車を地下までエレベータでおろし、車を台車に載せかえて、地下のトンネルを高速運搬するという構想が紹介されていた。車は空を飛ばないのか、という質問に、空は危険だろう、という発言をしていた。
 未来の車は空を飛ぶというのが、SF映画、SF漫画の定番であった。でも、車が空を飛ぶと、歩行者にとっては、危険なのは確かである。飛行機のように、きっちりと整備しているものですら、いろんなものを落下させている。車なんかが、空を飛ぶと、本当に危険である。その点、地下は安全だ。最も重要な点をついているように思えた。

2017年10月20日 (金)

新聞の見開きの大きさがTVの32インチ:こううサイズ感は重要

 新聞の見開きの大きさが、TVの32インチとほぼ同じらしい。私は知らなかった。TVの開発者でも、販売員でもないからだ。でも、TVの開発者や販売員には必須の知識であろう。高精細な32インチディスプレイであれば、新聞がそのままスッポリと入ってしまうわけである。
 大きさ、重さというものは、人間にとって重要である。製品開発において、こうした人間にとって手触り感のあるサイズ感なり、重量感覚なりをもっておくことは、重要だ。

2017年10月12日 (木)

Club Microsoftの終了:何でわざわざ終了したんだろう?

 Club Microsoftの終了のお知らせというメールが来ていた。そんなもの入会した覚えはないのだが、マイクロソフト製品はかなり使っているので、そのどれかを購入した際に、入ったのだろう。Club Microsoft - Microsoft atLifeにも案内が掲載されている。それによれば、引き続きニュースレターが届くしくみが別に用意されるらしい。それには、マイクロソフトアカウントが必要ということだ。これって、マイクロソストのクラウドとかメールとか、はたまたVisual Studioのアカウントにも使われている例のやつね。
 要は、マイクロソフトアカウントに統一して、ユーザー情報の集約を図りたいから、今までの仕組みは中止します、ということなんだろう。私自身は、このマイクロソフトアカウントとか、各サービスでやっているアカウントが好きにはなれない。
 とはいうものの、今でも現役のWindowsユーザーだし、メールニュースでも購読しようかと思ったら、サイトがエラーになってしまった。9月末に終了のサービスからの切り替えなのに、10月に入ってから手続きをしようとしたからか、既にニュースレターを受け取る設定にしていたかの、どちらかが原因なのだろう。なんだかよくわからない。

2017年10月 9日 (月)

コカ・コーラコーヒープラス:自販機だけの発売らしい

 CEATECに行った話は、前回書いた。幕張メッセの会場で、のどが渇いたので、何か飲もうと自販機を見るとコカ・コーラコーヒープラスという見慣れない飲料があった。コーヒーとコーラを合体させた飲料らしい。2種類のカフェインを楽しめるという新製品で、自販機のみの限定販売らしい。コーラもコーヒーも好きなので、試しに飲んでみた。意外においしい。ただ、量が少ないので、少し物足りない。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ