カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2018年10月 5日 (金)

アドビのロゴのハンガー:3Dプリンタは発想を豊かにする

 アドビのロゴからハンガーを発想するというのが、そもそもすごい。 アドビの"あのロゴ"がハンガーに? Twitterで話題のネタに企業がうまく便乗する方法 (1/2):MarkeZine(マーケジン)によると、実際に3Dプリンタで作ってみたようだ。
 頭の中で想像するのと、実際に作ってみるのでは、かなり異なる。作ってみなければわからないことも多い。
 今回のハンガーは、3Dプリンタでは作れるが、金型による量産は無理な形のようだ。メビウスの輪の形状を作れる金型など存在しないだろうなあ、確かに。
 でも、大量に作るのでなければ、3DプリンタでもOKなものは多い。金型で製造できないから無理という呪縛からのがれることができる、というのは、発想を豊かにするのではないだろうか。

2018年10月 3日 (水)

現場と経営の乖離

 システム屋に騙されるな、Excelで仕事をし続けよを読んだ。よくわかる話である。
 いろんな経営数値の速報を知りたがる経営者がいる。その数字は、いくつかの階層を経てトップに届くため、現場での締め切りは、とんでもなく早くなる。でも、はっきりいって、今の経営者の経営判断の速度を考えると、数日遅くたって何の問題もないのではないか、と思う。
 だいたい、いろんなことが、半期ごとに判断される会社では、速報は必要ない。数字を知ったって、判断するのは、半期ごとだからだ。

2018年9月29日 (土)

関空の復旧をPR手段に:確かに日本人もびっくりの復旧

  関西空港「驚異の復旧」、被災逆手に動画でPRのニュースで知って動画を見た。うまくまとめられているなあ、という感想だ。
 日本人の我々でも、前にも書いたが、エッ?もう復旧したの、という感じであった。現場の底力であろう。

2018年9月23日 (日)

やっと会社以外のところへ行く気になってきた

 暑い日が続き、どこに行く気にもなれなかった.会社を往復するだけで精一杯という状態が続いていた。最近、涼しくなってきたので、やっと出かけてようか、と思えるようになってきた。
 別のブログミュージアム右往左往を見ると、4月以来、ミュージアムには行っていなかったようだ。冬になると、また出かける気がなくなるだろうけど。

2018年9月22日 (土)

セミナーアンケートがスマホのみ:スマホを持っていない受講者は不要ということかな

 ある会社のプライベートセミナーに出席した。そのセミナーでアンケートがある、というのは、よくある話だ。ところが、よくある話でなかったのは、そのアンケートがスマホで、ということだったことだ。入り口でバーコードを渡され、そのURLに飛んで、スマホで入力するのである。
 あとの集計を考えればその方がいいだろう。でも、私はスマホを持っていない。必要とも思っていない。
 そのセミナーは技術セミナーだった。スマホを持っていない技術者など、主催者から見れば、意見を聞かなくてもいいということなのだろうか?

2018年9月19日 (水)

関空連絡橋、鉄道再開:すごいなあ

 関空への鉄道再開:朝日新聞デジタルというニュースにびっくりした。あの、タンカー衝突の動画の印象から、当分、復旧は無理だと思っていたからだ。インフラ復旧に関する日本の対応力は、すごいものがある。

2018年9月 9日 (日)

台風で関空が閉鎖:やっぱり伊丹空港は存続すべきなのかも

 関空ができたら伊丹空港は廃止するという話があった。大阪市内への電車の便を考えると、関空に一本化するのは無理がある。今回の台風での関空の災害時の弱さということを考えると、やはり今後も伊丹空港は存続すべきなのだろうなあ、と感じる。
 東京も同じだ。たぶん、羽田空港の国際化はどんどん進むだろう。だからと言って、成田空港を廃止するわけにもいかないだろう。インフラというのは、二重化しておかないといけないということを、あらためて感じた。

2018年9月 8日 (土)

マンションの停電はつらい:水が出ないから

 北海道では、今回の地震で、停電になり、なかなか復旧しないようだ。
 この時期、停電で困るのは、エアコンが使えなくなること、冷蔵庫が使えなくなることだろう。エアコンがないと、この猛暑は殺人的である。これだけ暑いと、冷蔵庫の中の冷凍食品は、すべていたんでしまうに違いない。照明は、ランタンを用意しておけば何とかなる。我が家では、4個のランタンと、単1の電池を1ダース常備してある。調理用には、カセットコンロも常備している。
 マンションで停電になると、水が出なくなる。水をくみ上げているポンプが止まるからだ。これは、季節を問わずつらい。飲み水は、ペットボトルの水で何とかなる。これも、1ダースの水を常備してある。風呂や洗顔は、あきらめるしかない。実は、最も困るのは、トイレだろう。携帯トイレも常備してあるが、使いたくはない。
 高層階に住んでいると、エレベータが止まるのも困る。給水車が来ても、その水を持って、高層階まで階段を上るのは、高齢者には無理だろう。
 停電になると、我々現在人が、いかに電気に依存して暮らしているかを実感する。

2018年9月 3日 (月)

時間感覚と時計

 先日、自宅の時計が電池切れで止まっていた。でも、私も家内も、何度か時計を見ているのに、2時間近く止まっていることに気づかなかった。体感時間と時計の時間のずれが、2時間以上あって、はじめて時計が止まっていることに気づいたことになる。
 現代人は、自分の感覚よりも,機械の方を信じている部分があるのだなあ、と実感した。

2018年9月 1日 (土)

ちょっと懐古趣味になっている

 前に、6800という古いマイコンのボードを作った話を書いた。それ以来、少し古いマイコンにはまっている。私がマイコンを始めたきっかけになったのは、マイ・コンピュータ入門―コンピュータはあなたにもつくれるという本である。あまりにも古い本なので、手元には残っていない。内容も古すぎて古本で買うほどでもない。
 近くの図書館にあった。さすがにブルーバックスである。借りて読んでみた。マイコン関係の自作があまりにも楽しそうだったのを覚えているが、その時のことを思い出した。この本をきっかてにして、いろいろとマイコン関係の技術の勉強を始めたのだ。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ