カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

2017年5月26日 (金)

Interface7月号の特集は「はじめてのIoT 2017」:組み込み技術者からは縁の遠いAWSの使い方と、IoTに必須の軽量プロトコルMQTTについて学べる

 Interface 2017年 07 月号の特集は、「はじめてのIoT 2017」。センサ機器とマイコンの接続ならお手のものの組み込み技術者であっても、クラウド側は全く手が出ないか、全く興味がないかという場合も多いだろう(私もその1人)。とはいっても、IoTという以上は、クラウドに接続しないとIoTをやったことにはならない。
 今回の特集は、そのクラウドの代表であるAWSについて、組み込み技術者にも理解できるように解説してくれている。そもそも、最初の1年はAWSを無料で使えるということすら知らなかった。とはいえ、じゃあ試そうというとことろまでは、いかない。ネット上に通信を出すというところに、どうも心理的抵抗があるのだ。しかも、本誌で紹介されているAWSのIoT向けサービス事典という一覧を見るだけで、頭がくらくらしてくる。組み込みCPUのレジスタ一覧なら大丈夫なのだが・・・。
 IoTでもう一つ重要なのは、通信である。クラウドとの通信ならHTTPだろうというわけにはいかない。貧弱なリソースしかない組み込みではつらいからだ。それを解決するためのプロコトルがMQTTで、今やデファクトになっている。この技術の概要が解説されている。

2017年5月 7日 (日)

日経コミュニケーションが2017年7月号で休刊になる:通信は技術の表舞台では なくなったことの象徴のような話だ

 私の専門は、組み込み系の通信技術である。この技術分野にぴったり当てはまる情報リソースはないので、情報源としては、電子系、ソフトウエア系、通信系の3つの分野が主となる。その通信分野の情報リソースとして、日経コミュニケーションを毎号ウォッチしていた。少し分野違いなので、参考になる記事は少ないのだが、重要な情報リソースの1つであった。
 この日経コミュニケーションが休刊するという。ちょっと残念である。通信が技術の表舞台でなくなり、アプリケーションを支える技術でしかなくなったことの象徴のような話である。

2017年4月30日 (日)

LabVIEWのホビー版が6000円:Interface6月号の記事より

 LabVIEWというのは、計測器の自動システムとして出発したソフトだが、いろんな実機を接続したプロトまで作れたりするソフトへ発展している。ただ、何十万円もするので、とてもホビーでは使えるものではない。
 ところが、Interface 2017年 06 月号で記事を読んでいたら、LabVIEWの旧バージョンだが、6000円でホビー版が購入できるという。接続する計測器もないくせに、欲しくなってしまった。

2017年4月 2日 (日)

メイカーズのエコシステム:中国深圳でのハードウエア・スタートアップの熱気とそれをささえる企業群

 スタートアップといえばシリコンバレーである。深圳は、どちらかというと、EMSとして大量生産をささえる生産拠点というイメージである。
 ところが、実際には、ハードウエアのスタートアップをささえるエコステムが既に作られていて、そこで次々と新しい「もの」が生まれているという。その実態を、レポートした本である。本当に生々しい実態が活写されている。
 組み込み技術者として、若かったら、こういう環境で仕事をしたいと思わせるような場所だ。

2017年3月29日 (水)

情報処理学会がLINEのスタンプ

 学会というとお堅いイメージがあるが、情報処理学会はそのイメージを脱却しようと頑張っている。情報処理学会公式LINEスタンプ「#include <情報系技術者の日常.h> 」をリリース-情報処理学会は、さすがにびっくりしたが。
 情報処理 2017年04月号にスナップのシールが付録でついてきた。中高年のおじさんが使うには、少し勇気のいる絵柄だが。

2017年3月27日 (月)

Interface5月号の特集は「新・画像処理101」:実際にPC上で画像処理を試すこ とができるので理解しやすい

 Interface 2017年 05 月号の特集記事は、「新・画像処理101」。色の変換、明るさ/コントラストの調整など、101種類の画像処理について、解説している。最大の特長は、実際の画像処理のC言語のソースコードと実験で使える画像をCD-ROMに収録していることだ。これを実際に試すことで、見てわかるので、理解しやすい。実際にソフトウエアを動かさなくても、CDの各処理に入力画像と出力画像が含まれているので、それを見るだけでも、参考になる。
 サンプルをいくつか試してみたが、私の環境(64bitのWindows7)では、本誌指定のVisual Stdio2010ではリンクエラーが出た。その場合は、Visual Stdio2010のSP1をインストールすればOKである。また、ソースコードはテキストファイルになっていて、それをVisual Stdioへ貼りつけて使うのだが、もともとのソースコードに全角の空白が入っていることがあり、これをそのままコピペすると、'0x3000': この文字を識別子で使用することはできませんと怒られるので、その怒られたソースコードの行から全角の空白を除去するとうまくコンパイルできる。

2017年3月26日 (日)

4M変更の通知:部品メーカーに要求しても守られないのが普通

 日経エレクトロニクスの安全設計の記事の中で、サイレントチェンジの問題が書かれていた。部品メーカーが、勝手に部品の材料を変更して、それが大きな問題になってしまうという話しだ。その対策として、「いかなる材料の変更も事前に連絡・承認を得るなどの内容を契約に盛り込むこと」と書かれていた。
 これは、いわゆる4M変更の通知という話で、たいていのメーカーは部品メーカーとの基本契約に盛り込んでいるはずである。でも、守られたためしがない。特に海外の安い部品では、絶対に守られない。
 私はずっと開発なので、この手の製造にまつわることには直接かかわったことはないが、かなりの頻度でおきている問題のようだ。電源まわりの部品だけは、日本のしっかりしたメーカーを使うとかしないと、いつか大問題を起こすような気がする。

2017年3月21日 (火)

完全版 FPGA電子工作オールインワン・キット:はんだ付けは慎重に

 本を買うのではなく、基板付きの本誌を買うのは、実際にさわってみようという人だろう。SRAM以外は、2.54mmピッチのリード部品をはんだ付けするだけなので、組み立ては難しくない。ただ、確実に一度で動作させる必要がある。それは、FPGAライタに使うPICのソフト書き込みが、一度限りだからだ。書き込みに失敗すると、復旧が難しい。はんだ付けに慣れていない人は、1箇所くらいイモはんだになったりすることがあるので、その場合、要注意である。しかも、PICの書き込みに、USBの電源だけ供給するアダプタが必要になる。
 私のおすすめは、万が一の場合に備え、本には付属していないが、ICソケットを使うことだ。そうすれば、何かのミスで書き込みをした時には、新しくPICを買ってきて付け替えればいい。
 一旦動き出せば、本は懇切丁寧に書かれているし、ツールもDVDのものをインストールすればいいので、ツールが新しくなって、本の記載と画面が違うというトラブルもなく、順調に勉強できる。

2017年3月16日 (木)

トランジスタ技術4月号の特集は「テスタ1丁電子工作」-それもアナログ・テス ター:テスターって奥が深い計測器だったんだ

 トランジスタ技術 2017年 04 月号の特集記事は、「テスタ1丁電子工作」。副題の「高感度アナログ・メータで作る!磨く!」でわかるように、アナログ・テスターが題材である。
 トラ技という雑誌は、たまに、こんなの売れるのかなあ、というとがった特集をやる。はんだ付けの特集などがそうだ。今回の特集は、それに負けないくらいとがっている。テスターが題材ならわかるが、アナログ・テスターとはねえ。
 30年ほど前、個人で買ったテスターは、アナログだった。でも、10年後に買い替えたテスターは、デジタルだった。今は、3代目だが、これもデジタルだ。というか、いまだに日本製のアナログ・テスターが売られているとは知らなかった。
 本誌を読むと、アナログ・テスターって奥の深い計測器だったんだということがよくわかる。でも、基本デジタル屋の私には、あまり実用性はない。計測器を使いこなすということは、こういうことなんだなあ。

2017年3月14日 (火)

日経エレクトロニクス3月号の特集は力作:電子機器設計者は必読

 3月号の特集記事は、「安全設計、待ったなし」。副題は「Note7問題だけにあらず」。イントロは、Note7のバッテリの発火問題だが、そこから、現在の電子機器における安全設計の問題へと論を進める。
 あまりに専門が分化されてしまった現場で、一番心配なのが安全設計だ。幅広い知識と経験が必要な分野だからだ。
 一番びっくりしたのが、ディレーティングの問題である。熱の問題は、電子機器におけるかなり大きな設計課題である。熱が部品におよぼす影響は大きい。寿命に関係したり、許容電力に関連したり、電源だと出力電流に関連したりする。そういう設計の際に参照されるのがディレーティングなのだが、その値そのものが今の設計に追随していないらしい。例に出ていたのが、抵抗である。そもそもの値は、抵抗をラグ端子に実装した状態を想定した値だったとは知らなかった。30年前でも、ラグ端子に抵抗が実装された製品など見たことはない。今の高密度な表面実装部品時代には合っていない。
 今は、先進的な取り組みをしている部品メーカーが、独自に、新しいディレーティングの基準と値を提供しつつあるらしい。
 こういうことは、知っているか否かで、設計品質が大きく変わる話である。部品が燃える可能性があるような安全対策については、電子機器設計者は必ず知っておくべき内容である。モーターなどの機械的安全を除けば、電子機器の安全対策で重要なのは、発火と感電の2つだからだ。機器が動かなくなっても、クレームになるだけだ。でも、発火と感電は人の命にかかわる問題である。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ