カテゴリー「東京と大阪」の記事

2017年9月12日 (火)

東京モノレールが停電で止まる:かなり怖い

 東京モノレール、停電で立ち往生 横づけして40人救助:朝日新聞デジタルは、ちょっと怖い。いつも、東京-大阪間を飛行機で移動しているが、羽田空港への移動は、9割がた東京モノレールを使っている。あの、高い場所にあって、かなりの区間は川べりということで、何かあったら怖いだろうなあ、と思いながら乗っていた。実際に、止まると怖そうだ。

2017年8月 3日 (木)

やっぱり地震は怖い

 東京は、大阪に比べて、はやり地震が多い。今週は、何度か地震があった。せいぜい震度3くらいなのだが、それでも怖い。

2017年7月29日 (土)

大阪の暑さをさらに暑くするセミの声

 大阪での単身赴任は解消になったが、大阪へ出張することは多い。夏の出張では、暑さがこたえる。蒸し暑いのである。さらに、その暑さに輪をかけるのが、セミの声である。朝から全開で鳴いている。

2017年2月24日 (金)

ビジネスホテルの朝食はまずい

 大阪の本社へ単身赴任していた時は、ビジネスホテルに泊まることはなかった。出張というと東京だが、その場合、千葉の自宅に泊まればいい。それ以外の地方は、日帰り出張だったからだ。
 単身赴任解消になって、大阪の本社へ宿泊出張で行くことがある。この時、安いビジネスホテルに泊まるのだが、その朝食がまずいのである。これは、ちょっとがっかりである。かと言って、素泊まりにして、他のところで朝食というのも面倒だ。
 下手に、バイキングにするので、おいしくないのではないかと思う。昔のビジネスホテルでよくあった、トーストとベーコンエッグとコーヒーのような簡単な朝食の方がよほどおいしかった気がする。

2016年8月22日 (月)

関東地方の台風:といあえず通勤には支障なかった

 大阪は連日の猛暑続きのようだ。単身赴任解消して、千葉に戻ってきてよかった、と思っていたら、台風が来るという。
 関西は台風、関東は地震というのが相場だった。ところが、今回は、関東で台風である。ちょっとウンザリだ。まあ、私の場合、通勤にはほとんど影響なかったのでよかったが。

2016年7月 1日 (金)

大阪では傘は盗まれる:ある程度は本当かもしれない

 なぜ、東京都民は長野県民の2倍もビニール傘を買うのか? ウケる意識調査【10】:PRESIDENT Online - プレジデントによれば、大阪では「傘は盗難される」が当たり前らしい。いくらなんでも、言い過ぎだが、自宅が千葉で、10年弱単身赴任で大阪で住んでいた、学生時代まで大阪にいた私の経験からも、少しは当たっている気がする。
 少なくとも私は、大阪では、コンビニの入り口の傘立てに傘は置かない。周囲には迷惑だとは思うが、持って入る。かつて、傘が盗まれた経験があるからだ。特に、にわか雨のときは危ない。
 大阪にいた学生時代、自転車を盗まれた経験は何度もある。自転車の鍵だけでなく、チェーンの鍵を別途つけても、新しい自転車のサドルだけ盗まれた経験もある。
 自宅では、コンビニに行くことも少ないし、自転車も乗らないので、私の経験では、大阪の方が千葉よりも盗難が多いとは言えない。でも、昔、盗難にあったので、用心深くなっていることは確かだ。

2016年6月20日 (月)

通勤を半袖にしたけど、そんなに暑くなかった

 今週から暑くなるということで、今日は通勤の服装を半袖のワイシャツにしたが、それほど暑くはなかった。単身赴任を10年弱つづけてきたせいで、自宅から通勤するときの服装にまだ慣れていないようだ。まあ、大阪は、たぶん蒸し暑いのだろうと想像する。

2016年5月15日 (日)

単身赴任解消で大変だったこと(その5):新しく散髪屋を見つける

 少し前から書いている単身赴任解消話の続きである。
 私は、だいたい40日の周期で散髪に行っている。単身赴任になっても、この周期で自宅に戻っていることが多かったので、自宅近くの散髪屋で散髪していた。ところが、以前書いたように、その散髪屋がなくなってしまったので、大阪で散髪していた。ところが、単身赴任解消によって、大阪で散髪できなくなった。
 さて、自宅付近の散髪屋を探さなければならない。これが面倒なのだ。最近、カット専門のところは多いが、私は、顔そりと洗髪をしてもらわないと気が済まない。といって、美容室に行くような丁寧な散髪もいやだ。要は、カット、顔そり、洗髪をしてくれて、安い散髪屋を見つける必要があるのだ。ホームページを1時間ほどうろうろして、見つけることができた。
 ただ、散髪の仕組みだけは、大阪の方が好きである。これも、随分以前に書いたのだが、顔そりの後で顔を洗うか、顔を洗ってから顔そりをするかの違いがあって、大阪式に顔そりの後で顔を洗う方が、私は好きなのだ。でも、大阪が本社で、単身赴任解消後にも大阪に出張することが多いだろうといっても、大阪で散髪するわけにはいかない。
 自宅付近の、安い散髪屋がつぶれることのないことを祈っている。また、探すのは面倒だから。

2016年5月 1日 (日)

単身赴任解消で大変だったこと(その4):通う病院の変更

 少し前の記事の続きである。
 私は花粉症なので、耳鼻科に通っていた。この病院通いが大変なのだ。
 大阪では、病院というものは、大病院を除けば、大抵の場合、夕方の7時くらいまで開いている。会社の近くの病院に通うことにすれば、仕事が終わってから行けるのである。単身赴任中、耳鼻科や歯科はこうやって通っていた。
 ところが首都圏は全く様相が異なる。夕方開いている病院など皆無といってよい。土曜日に開いている病院を探さなければいけない。これは、夕方に開いている病院よりは数は多いが、それでも希少である。となると、その希少な土曜日に開いている病院ということで、土曜日に行くと大混雑になる。昨日も、耳鼻科に行ったのだが、待合室に入れず、外で待たざるを得なかったほどだ。
 このあたりは、首都圏の病院も、大阪の病院を見習ってほしいものだ。

2016年4月22日 (金)

久しぶりにビジネスホテルに宿泊した:リラックスできない・・・

 前に書いたように、4/1付けで10年弱にわたった単身赴任が解消された。とは言っても、単身赴任先であった大阪との縁が切れたわけではない。単身赴任解消
のとたん、1泊2日で大阪に出張することになった。
 大阪には単身アパートは既にないので、ビジネスホテルに宿泊した。国内出張でビジネスホテルに宿泊するのは、実に、10年弱ぶりである。
 大阪に単身赴任していたときには、大阪に単身アパートがある。狭いとはいいながら、一応、生活できる場所である。大阪にいたときの出張先で、宿泊出張が必要なのは東京だけたっだ。自宅は千葉なので、東京に宿泊出張するときは、自宅に泊まっていた。つまり、単身赴任中は、ビジネスホテルに泊まる必要は全くなかったのである。
 久しぶりにビジネスホテルに泊まった感想は、リラックスできない、だ。部屋は狭いし、娯楽もない。布団も枕も慣れない。風呂も、ゆったりできない。なるべく、宿泊出張は避けたいものだ。
 業務で、月に何泊も宿泊出張している方は、本当にご苦労様である。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ