カテゴリー「技術」の記事

2017年8月11日 (金)

あのIMSAIを現在によみがえらせる

 IMSAI 8080と言えば、世界初の8bitマイクロプロセッサ8080を搭載したコンピュータAltair 8800の互換機として有名はマシンだ。ビルゲイツがBASICを搭載したのも、このマシンである。前に感想を書いたパーソナルコンピュータ博物史でも、少し紹介されていた。
 【武蔵野電波のプロトタイパーズ】伝説の編集者が蘇らせる古のパソコンを見た - PC Watchによれば、このIMSAIと同様のマシンを作って販売している会社があるらしい。しかも、その社長は、ASCIIの初代編集長だという。まあ、なんと面白い企画だろう。私自身は、Altair 8800もIMSAI 8080も実物を見たこともないので、懐かしいとは思わない。でも、使ったことのある人にはきっと懐かしいんだろうなあと思う。

2017年8月 9日 (水)

国の金は基礎研究に回して欲しい:実用化は企業の役目

 民進党の蓮舫代表が辞任した。蓮舫と言えば、事業仕分け時のスパコン発言で有名になった。この時の影響については、感想を書いた にも書かれていて、スパコン「京」の完成が危ぶまれたとか、バイオリソースセンターの運営の危機だったという話が描かれている。
 こんなことでは困る。最近、大学の研究が実用化の方向に傾いているような気がする。予算を取るためには、実用性を強調する必要があるという話も聞く。でも、応用研究から実用化までは、企業の仕事だろう。企業ではできないこと、それが基礎研究で、そのために国の予算があるというのが本来の建て前のはずである。その建て前を、守って欲しいと思う。
 就活の学生の面接をすることがある。理系の学生はほとんどが修士の学生なので、大学の研究の一角を担当しているはずだ。だが、大学の研究テーマで、大学でしかできないようなテーマをやっている学生は半分もいない。予算権限のある官僚が、本当の研究の邪魔になっていなければいいのだが、と心配になってくる。

2017年8月 8日 (火)

ガラスの分子構造が今まで謎だったとは

 組み込み技術者なので化学には詳しくない。なので、200年謎だったガラスとシリコーンの基本構造を世界初解明、高機能化に道筋 (1/2) - MONOist(モノイスト)という記事を読むまで、ガラスのような身近にある物質の分子構造がわかっていなかったとは知らなかった。今回、これを解明したことで、技術のブレークスルーにつながる可能性がある。前に、国は基礎研究に力を入れてほしいと書いたが、こうした成果こそ、基礎研究の成果だろう。

2017年8月 4日 (金)

ソラコムをKDDIが買収

 ソラコムと言えば、IoT向けの格安回線を提供するということで一躍有名になったベンチャー企業である。ニュース - 世界に通じるIoTプラットフォームを目指す、KDDIがソラコム買収を正式発表:ITproによると、そのソラコムをKDDIが買収するという。ソラコムは、IoT周りのいろいろなサービスを提供している。だが、ユーザーから見たときその魅力の第一は利用料金の安さであった。それが、KDDIの傘下に入ることで損なわれないのだろうか?より安い料金で提供できるようになれば、この買収は成功ということになるのだろうけど。

2017年8月 1日 (火)

翔泳社の電子書籍セール

 夏サミ2017記念「エンジニア応援eBookセール」翔泳社の300タイトル以上が最大55%OFF コンピュータ・ITなどの電子書籍が見逃せない超特価(8/3まで) | 翔泳社というのが開催されている。8/2まで限定で、電子書籍が最大55%の割引きになるらしい。
 まあ、この会社の電子書籍は、よく割引きセールをやっているので、あわてて買うことはないが、IT関連の本は分厚いので電子書籍はいい選択かもしれない。

2017年7月31日 (月)

ランサムウエアの卑劣な手口:バックアップから暗号化する、個人情報を流出させると脅す

 ランサムウエア対策で最も重要なのは、バックアップである、と言われてきた。辻伸弘の裏読みセキュリティ事件簿 - 韓国でランサムウエア被害、バックアップも暗号化された:ITproによれば、バックアップから先に暗号化した後で、本番環境を暗号化したらしい。ネットワーク環境に接続されたバックアップ手段は、ランサムウエアによってのバックアップにはならない、ということだろう。個人のPCは、週に1回、ネットワーク上のHDDへバックアップし、月に1回、バックアップ専用のUSB-HDDをバックアップするときだけ接続してバックアップするようにしている。
 でも、こうしてバックアップに工夫したところで無駄という攻撃がある。
 ニュース解説 - バックアップも効果なし、「個人情報を流出させる」と脅すランサムウエア:ITproによれば、「個人情報を流出させる」と脅すランサムウエアが出現しているらしい。HDD上には、いろいろな情報が残っている。大したものはないが、でもネットにばらまかれたらイヤだ。私に関心のある他人などいないだろうから、現実的には、何の問題もないのだろうけど、心情的にはいやだ。
 結局は、パッチを当てる、怪しいサイトは閲覧しない、怪しいメールは開かない、むやみにネット上のサービスを使わない、という基本的な対策しかないのかもしれない。
 まあ、バックアップは、HDDの故障対策には必須なので、ランサムウエアに対しては無力でも、やっておく必要はあるのだが。

2017年7月30日 (日)

Brainfuck言語:こんな言語があるとは

 Dev Basics/Keyword:Brainfuck - @ITという記事で、Brainfuck言語というのがあることを知った。こんな言語を勉強しても、何の役にも立たないだろうけど、コンピュータ言語にひそむパズル的要素を満足させてくれるには、十分である。
 記事の言語仕様だけでは、どうプログラミングできるのかはわからない。Brainfuck - Wikipediaによれば、バイトの配列の各要素はゼロで初期化され、データポインタは左の要素を指すよう初期化されるらしい。この初期化がポイントだ。つまり、0という定数と、指す箇所が確定されたポインタがある、というところからスタートできるわけだ。あとは、パズルである。
 Brainfuck言語のインタプリタをBrainfuck言語で書くとか、ソートのプログラムを書いてみるとか、面白いかもしれない。あまりに可読性が悪いので、さすがに自分で書いてみる気にはなれないが・・・。

2017年7月23日 (日)

DNSが9/19に使えなくなる恐れ:IPフラグメンテーションで障害?

 DNSというのは、ネットワークの根幹をなす技術である。
 ニュース解説 - DNSが使えなくなるトラブル、9月19日に発生する恐れ:ITproという記事によると、9/19にDNSの障害が起きる可能性があるらしい。DNSSECという電子署名がらみの技術の説明から始まったので、このあたりの鍵の問題で障害が起きる可能性があるのかと思っていたら、結局は、IPフラグメンテーションが発生し、通信障害によってこのパケットを受け取れなくなる可能性があることが原因らしい。なんだか、古典的な問題で、今でも障害が起きる可能性があるとは、少しびっくりした。

2017年7月20日 (木)

技術力のない技術トップ:大企業にはありがち

 奇人変人の才能見抜け 「プレステ生みの親」のCTO論 - 日経テクノロジーオンラインは、SONYのPS開発で有名な久多良木氏へのインタビュー記事である。相変らず、直球の発言である。その中に、「最近の大企業には、技術者としての能力が乏しい中で、研究管理ばかりしている技術トップが多いことを危惧しています。」という発言があった。確かに、大企業にはありがちな話である。管理能力があれば、部下が増える。部下が増えれば、その成果を自分の成果として偉くなるのだ。
 でも、現場から見ると、技術トップとは遠いので、技術トップがどんなタイプでも、あまり関係はない。むしろ問題は、開発現場の部課長ですら究管理ばかりしているケースだ。これは、本当に困ったことである。

2017年7月19日 (水)

今さらHeartBleedに起因する脆弱性とはねえ

 ニュース - ハワイアンズモールのクレジットカード情報流出、原因はOpenSSLの脆弱性「HeartBleed」:ITproは、ちょっと信じられない話である。HeartBleed?いったいいつの話なんだろう。このブログでも取り上げたことがあったので調べてみたら、2014年であった。組み込み技術者おブログで2014年に書いてあるほど有名な脆弱性を放置しておいたなんて、少し信じられない。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ