カテゴリー「技術」の記事

2017年9月26日 (火)

半年前のStruts2脆弱性で1億4300万人分の情報漏洩とは・・・:個人情報を扱っている責任感なさすぎ

 情報セキュリティについては、攻撃側有利の世界が続いている。何でこんな卑劣な手を思いつくのだろう、と思う。一方でニュース - Equifaxの最大1億4300万人分の情報漏洩、原因は半年前のStruts2脆弱性:ITproのような記事を読むと、個人情報を扱っていい企業と、だめな企業があるようにも思う。1億4300万人分もの情報漏洩を起こした原因が、半年前のStruts2脆弱性だったというのは、お粗末としがいいよがない。

2017年9月19日 (火)

AI専用チップはFPGAが有利?:IntelがAltera社を買ったのはこのためか

 ディープラーニングは、学習はCPUパワーが必要だが、その学習結果を使った推論はそれほどでもない、というのが定説である。実際、推論を組み込み機器に入れる取り組みも多い。ところが、実際には、莫大なユーザーがいるクラウドサービスでは、推論もCPUパワーが必要らしい。サーバー・プロセッサ バトルロイヤル2017 - GoogleのAI専用チップに挑むMS、奥の手は「謎の精度」:ITproから少し引用する。

 Googleは2013年に「スマートフォンのユーザーが1日当たり3分間、音声認識を利用する」というシナリオに基づいて、推論に必要となるITインフラストラクチャーの規模を見積もっている。その結果、CPUだけで全ての音声認識の推論を実行しようとすると、当時のGoogleが保有する全データセンターの2~3倍に相当する処理能力が必要になることが分かった。

 なるほどね、量が質に転換するという典型例である。Googleは、これを解決するために、専用チップを開発した。マイクロソフトは、同じ専用チップでも、FPGAで実装するという手段を提供した。少し引用する。

 FPGAを使うソフトDPUのメリットとして、柔軟性が高いことを挙げる。「機械学習の進化はとても早いが、FPGAであれば論理回路を後から変更することで、新しい手法に対応できる」(Chung氏)という主張だ。Microsoftが独自に浮動小数点の精度を定義し、それを実ハードウエアで検証できたのも、FPGAならではのメリットだ。論理回路をハードウエアとして実装すると、新しい手法を考案してもチップが完成する1~2年後までハードウエアでは検証できない

 これは納得である。技術が確立したら、専用チップをASICとして開発する方がいい。同じゲート規模でも、FPGAよりも安いし、消費電力上も有利だろうからだ。一方で、ディープラーニングは、発展途上の技術だという側面がある。その場合、すぐに回路を変更できるFPGAの方が有利だ。インテルは、Xilinxと並ぶ大手FPGA会社のAltera社を買った。これは、マイクロソフトのような動きを見越してのことなのだろう。AI時代には、新たなインテルとマイクロソフトの連携がはじまるのだろうか。

2017年9月15日 (金)

技術倫理で語られる利益と倫理の相反のウソ

 技術倫理に関して、間違った議論がある。企業としての利益をとるか、技術者個人の技術倫理を取るかという二者択一的な議論である。データ改ざんに携わった担当者から出てくる話である。
 でも、この二者択一は明らかに間違っている。技術倫理に反する開発は、長期的に見て、企業の利益にも反する。データ改ざんによって、一時的には、開発コストをかけずに製品発売できたとしても、結局、それがばれたら企業の信用は失墜する。場合によっては、その企業の倒産すらあり得る。
 社長がなにを言おうが、技術的に駄目なものは駄目なのである。それが、技術というものである。

2017年9月14日 (木)

Wi-Fiが快適に使える住宅設計認証Wi-Fi CERTIFIED Home Design:でも本当の解決は有線LANだと思う

  個人の家でネットワーク接続している人の多くはWi-Fiを使っている。そして、そのWi-Fiが、どの部屋でも使えるかというとそんなことはない。
 Wi-Fi Alliance®がWi-Fi CERTIFIED™ のホーム デザイン(住宅設計)を提供 | Wi-Fi Allianceによると、Wi-Fiアライアンスは、機器認証だけでなく、住宅環境でのWi-Fi設置設計の認証を開始するのだという。確かに、どこにアクセスポイントを設置するかというのは難しい。実際には、住宅環境でのWi-Fi設置の問題は、全てWi-Fiで接続することによる困難さがほとんどである。各部屋に有線LANの環境があれば、ほぼ解決する問題である。全ての部屋にCAT6のケーブルを予め設置することが一番手軽である。部屋の中であれば、Wi-Fiは余裕で接続できるからだ。部屋を超えようとするとたん、おろんな問題が出てくる。
 私は、中古マンションを購入した時に、転居前にTVケーブルと電源ケーブルの増設工事をしてもらった。その時に、LANケーブルの配線を依頼しなかったことを後悔している。

2017年9月13日 (水)

PC内にファイルを作らないより高度なサイバー攻撃

 PC内にファイルを作らないより高度なサイバー攻撃「JS_POWMET」が登場 | トレンドマイクロ is702によると、PC内に全くファイルを作らずに攻撃されるマルウェア「JS_POWMET(パウメット)」が発見されたという。なんでそんなことが可能なのか、全く理解できない。まだ、手法の解明はできていないようだ。

2017年9月11日 (月)

プライバシー情報の行方:マイクロソフトも日本人のビッグデータが必要らしい

 ニュース解説 - プライバシー規約に要注意、マイクロソフトのクラウドAI:ITproは、興味深い話だ。
 1つは、同じ企業でも、サービスごとにプライバシー情報に関する取り決めに違いがあることだ。基本的には、企業でポリシーを決めて、それを守ることが必要なのだが、サービスによっては、異なる可能性があるので、使うサービスごとの確認が重要ということだ。
 もう1つは、今回のことは、日本人の顔認識の精度向上のための処置だということである。つまり、ビッグデータを活用したAI技術は、圧倒的に海外企業の方が技術が高いが、さすがに日本人のデータまで持っていないということである。学習データを大量に集めないと使えないという学習型のAIの欠点が出ているともいえよう。さらには、この技術は、学習データを大量に学習させることでしかチューニングできないということでもある。

2017年9月 3日 (日)

サイバー攻撃には超音波という手法もあるとは:MEMSセンサーが超音波に弱い

 いろいろな攻撃手段があるものである。
 シリコンバレーNextレポート - ドローンやVR機器は超音波に弱い、中国アリババの研究者が実証:ITproによると、ドローンやVRヘッドセット、スマートフォン、電動スクーターなどに搭載されているMEMSセンサーに著音波をあびせると誤動作するという。センサーが誤動作すれば、そのセンサー情報に基づいて動いているシステムも当然誤動作する。ネットワークからの侵入だけでなく、こうした物理手段による攻撃も注意を払う必要があるとは・・・。組み込み機器開発者は、いろんなことを知らなければならない。

2017年8月31日 (木)

データサイエンティストとナレッジエンジニア

 ビッグデータというキーワードとともに、不足する人材としてデータサイエンティストであると言われている。こんな話を聞くと、昔のAIブームの時に、エキスパートシステムというキーワードとともに登場してきたナレッジエンジニアという言葉を思い出す。どちらも、カタカナ職種で、なんとなく格好いい。でも、実際には、どうなんだろう?単なる独り言だけど。

2017年8月30日 (水)

電力事業者や太陽光発電に関連する企業が皆既日食の気象観測データの収集:機会を逃さずにやる

 前に、米国での皆既日食が電力網に影響を与えるかもという記事を紹介したが、米「皆既日食」の太陽光への影響、関連企業がライブ実況も - 日経テクノロジーオンラインによると、米国の関連企業は、貴重な機会ということで、いろいろとデータを収集したらしい。こういう自然現象は、観測データが重要だ。いくらシミュレーションしてもわからないこと、見落としていることなどいろいろあるからだ。2012年に日本でも皆既日食があったが、その時に、データは収集したのだろうか?話題にもならなかったような気がする。データを収集した米国と、話題にもならなかった日本という構造が正しければ、ちょっとさみしい。

2017年8月29日 (火)

情報処理9月号の「未踏の第23期 スーパークリエーターたち」がすごい

 情報処理 2017年09月号に「未踏の第23期 スーパークリエーターたち」という報告が載っている。前にも感想を書いたことがある。毎回、竹内郁雄氏が力のこもった紹介をしてくれているのだが、今回の内容もすごい。たとえば、時刻同期の精度が高い無線IoTデバイス。なんと数μ秒の精度で時刻同期できるという。ちょっと、にわかには信じられない精度である。
 Web技術を使ったオープンソースのパケットアナライザDripcapというのも面白い。オープンソースのパケットアナライザは、事実上Wiresharkしかないが、設計が古い。それを新しい技術で一新させたものだそうだ。GitHub上に公開されているので、今度つかってみようかと思っている。
 他にも、こんなことができるんだ、というプロジェクトが満載だ。これだけの才能を社会がつぶさずに、若い優秀な技術者が活躍できることを心から祈っている。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ